写真展示:野鳥
マキノセンニュウ(牧野仙入)
写真をクリックすると,1280×905の拡大画像となります。

分類 スズメ目ウグイス科
体長(嘴〜尾羽) 12cm
生息環境 草原,牧草地
鳥の種類 夏鳥
撮影の難易度 △関西では少ない
  

 夏鳥として北海道に渡来し,平地の草原,灌木のある湿地,牧草地などに生息しますがなかなか目にすることが出来ません。本州以南では旅鳥として出現するが記録は少ないです。
 雌雄同色です。頭部,背,肩羽,腰まで茶褐色で黒褐色の縦斑がよく目立つ。三列風切,大雨覆の軸斑と羽縁のコントラストが非常に目立つ。眉斑は細くあり黄白色です。下面は白色で胸から脇に黒褐色の細い縦斑が目立つ。尾は短かく嘴は基本的には黒いが下嘴の基部が肉色です。

撮影日:2007年10月18日
場   所:大阪城:市民の森
使用カメラ:Canon 40D
レンズ:EF500mmF4L IS USM
撮影条件:f4.0 1/60秒 500mm(40D:1.6倍)
測光:スポット測光,RAW,ISO:400
等価焦点距離:500mm(800mm)
コメント:大阪城で見慣れぬ野鳥が居るとの連絡を頂きました。それがマキノセンニュウでした。
撮影日:2007年10月18日
場   所:大阪城:市民の森
使用カメラ:Canon 40D
レンズ:EF500mmF4L IS USM
撮影条件:f4.0 1/50秒 500mm(40D:1.6倍)
測光:スポット測光,RAW,ISO:400
等価焦点距離:604mm(966mm)
コメント:大阪城では数多くの野鳥が入りますが珍鳥は珍しいのです。
撮影日:2007年10月18日
場   所:大阪城:市民の森
使用カメラ:Canon 40D
レンズ:EF500mmF4L IS USM
撮影条件:f4.0 1/40秒 500mm(40D:1.6倍)
測光:スポット測光,RAW,ISO:400
等価焦点距離:650mm(1040mm)
コメント:多くの人出が予想できたため早朝に撮影しました。
撮影日:2007年10月18日
場   所:大阪城:市民の森
使用カメラ:Canon 40D
レンズ:EF500mmF4L IS USM
撮影条件:f4.0 1/50秒 500mm(40D:1.6倍)
測光:スポット測光,RAW,ISO:400
等価焦点距離:638mm(1020mm)
コメント:お陰で大きく撮影できました。
撮影日:2007年10月18日
場   所:大阪城:市民の森
使用カメラ:Canon 40D
レンズ:EF500mmF4L IS USM
撮影条件:f5.0 1/125秒 500mm(40D:1.6倍)
測光:スポット測光,RAW,ISO:400
等価焦点距離:585mm(936mm)
コメント:
撮影日:2007年10月18日
場   所:大阪城:市民の森
使用カメラ:Canon 40D
レンズ:EF500mmF4L IS USM
撮影条件:f5.0 1/50秒 500mm(40D:1.6倍)
測光:スポット測光,RAW,ISO:400
等価焦点距離:577mm(922mm)
コメント:
撮影日:2007年10月18日
場   所:大阪城:市民の森
使用カメラ:Canon 40D
レンズ:EF500mmF4L IS USM
撮影条件:f5.0 1/50秒 500mm(40D:1.6倍)
測光:スポット測光,RAW,ISO:400
等価焦点距離:556mm(889mm)
コメント:
撮影日:2007年10月18日
場   所:大阪城:市民の森
使用カメラ:Canon 40D
レンズ:EF500mmF4L IS USM
撮影条件:f4.0 1/1000秒 500mm(40D:1.6倍)
測光:スポット測光,RAW,ISO:400
等価焦点距離:707mm(1132mm)
コメント:夕方撮影場所に戻るとお立ち台?が出来ていました。
撮影日:2007年10月18日
場   所:大阪城:市民の森
使用カメラ:Canon 40D
レンズ:EF500mmF4L IS USM
撮影条件:f4.0 1/60秒 500mm(40D:1.6倍)
測光:スポット測光,RAW,ISO:400
等価焦点距離:649mm(1039mm)
コメント: