写真展示:野鳥
コチョウゲンボウ(小長元坊)
写真をクリックすると,1280×905の拡大画像となります。

分類 タカ目ハヤブサ科
体長(嘴〜尾羽) 雄28cm,雌32cm
生息環境 農耕地,干拓地,草原
鳥の種類 冬鳥
撮影の難易度 ○チョウゲンボウより数が少ない
  

 雄:頭から背,翼の上面が青灰色です。下面には淡褐色に黒褐色の縦斑がある。顔は後方を除いては白っぽく,ハヤブサ髭は目立たなく,茶褐色が目先より入る。尾羽は青灰色での上面の先端部に黒色横帯があり足はオレンジ色です。
 雌:上面が灰色がかった黒褐色です。(尾も同じ色。)黒褐色の横帯が6本くらい見える。尾羽の先端部の横帯は太いが,他の横帯との差は少ない。下面は白っぽく淡褐色で,茶褐色のハート型の斑がある。雨覆は黒褐色で先端部分が茶褐色でありチョウゲンボウとの識別ポイントです。

撮影日:2010年12月11日
場   所:巨椋干拓
使用カメラ:Canon 7D
レンズ:EF500mmF4L IS USM
撮影条件:f6.3 1/1000秒 500mm(7D:1.6倍)
測光:スポット測光,RAW,ISO:400
等価焦点距離:1029mm(1646mm)
コメント:初めての撮影です。背景が悪いので・・・
撮影日:2010年12月11日
場   所:巨椋干拓
使用カメラ:Canon 7D
レンズ:EF500mmF4L IS USM
撮影条件:f6.3 1/1600秒 500mm(7D:1.6倍)
測光:スポット測光,RAW,ISO:400
等価焦点距離:966mm(1546mm)
コメント:回り込んだら飛ばれました
撮影日:2010年12月11日
場   所:巨椋干拓
使用カメラ:Canon 7D
レンズ:EF500mmF4L IS USM
撮影条件:f6.3 1/3200秒 500mm(7D:1.6倍)
測光:スポット測光,RAW,ISO:400
等価焦点距離:1079mm(1726mm)
コメント:曇り空の電柱止まりですが
撮影日:2010年12月11日
場   所:巨椋干拓
使用カメラ:Canon 7D
レンズ:EF500mmF4L IS USM
撮影条件:f6.3 1/2000秒 500mm(7D:1.6倍)
測光:スポット測光,RAW,ISO:400
等価焦点距離:1125mm(1800mm)
コメント:
撮影日:2010年12月11日
場   所:巨椋干拓
使用カメラ:Canon 7D
レンズ:EF500mmF4L IS USM
撮影条件:f6.3 1/1000秒 500mm(7D:1.6倍)
測光:スポット測光,RAW,ISO:400
等価焦点距離:1328mm(2125mm)
コメント: