写真展示:野鳥
キガシラシトド(黄頭鵐)
写真をクリックすると,1280×905の拡大画像となります。

分類 スズメ目ホオジロ科
体長(嘴〜尾羽) 17cm
生息環境 林縁,草地
鳥の種類 迷鳥
撮影の難易度 ▲2度と撮影できないでしょう
  

極めて希な迷鳥です。過去に北海道,新潟,東京,舳倉島で記録があります。
雌雄同色で,成鳥夏羽は,背は褐色で黒い縦斑がり額や眉斑,首の後ろは黒い。頭頂には黄色が目立ち,過眼線から下面全体は灰褐色である。嘴は黒褐色で下嘴は淡黄色。
冬羽は,頭頂の斑が黄褐色で不明瞭です。

 大泉緑地で約4ヶ月間楽しませてくれました。1月に見たときは「これがキガシラシトド?」と疑ったのですが,旅立つ寸前の4月中旬にはすっかり夏羽となりました。以下は換羽の変化です。

1月31日撮影 3月3日撮影 3月13日撮影 4月16日撮影


撮影日:2007年4月15日
場   所:大泉緑地
使用カメラ:Canon 1DMarkUN
レンズ:EF500mmF4.5L USM
撮影条件:f5.6 1/500秒 500mm(MK2N:1.3倍)
測光:部分測光,RAW,ISO:200
等価焦点距離:797mm(1036mm)
コメント:4月になっても,まだ居てくれました。すっかり夏羽に変わりました。
撮影日:2007年4月15日
場   所:大泉緑地
使用カメラ:Canon 1DMarkUN
レンズ:EF500mmF4.5L USM
撮影条件:f5.6 1/500秒 500mm(MK2N:1.3倍)
測光:部分測光,RAW,ISO:200
等価焦点距離:597mm(777mm)
コメント:このところ出が悪かったそうですが,カキツバタ園に行くと既に出ていました。
撮影日:2007年4月15日
場   所:大泉緑地
使用カメラ:Canon 1DMarkUN
レンズ:EF500mmF4.5L USM
撮影条件:f5.6 1/640秒 500mm(MK2N:1.3倍)
測光:部分測光,RAW,ISO:200
等価焦点距離:608mm(790mm)
コメント:場所が狭く,良いカメラポジションが確保できませんでした。
撮影日:2007年4月15日
場   所:大泉緑地
使用カメラ:Canon 1DMarkUN
レンズ:EF500mmF4.5L USM
撮影条件:f5.6 1/640秒 500mm(MK2N:1.3倍)
測光:部分測光,RAW,ISO:200
等価焦点距離:616mm(801mm)
コメント:
撮影日:2007年4月15日
場   所:大泉緑地
使用カメラ:Canon 1DMarkUN
レンズ:EF500mmF4.5L USM
撮影条件:f5.6 1/640秒 500mm(MK2N:1.3倍)
測光:部分測光,RAW,ISO:200
等価焦点距離:603mm(783mm)
コメント:
撮影日:2007年4月15日
場   所:大泉緑地
使用カメラ:Canon 1DMarkUN
レンズ:EF500mmF4.5L USM
撮影条件:f5.6 1/125秒 500mm(MK2N:1.3倍)
測光:部分測光,RAW,ISO:200
等価焦点距離:717mm(932mm)
コメント:これが最後の撮影となりました。数日後立ち去りました。もう2度と撮影は出来ないでしょう。
撮影日:2007年3月13日
場   所:大泉緑地
使用カメラ:Canon 1DMarkUN
レンズ:EF500mmF4.5L USM
撮影条件:f4.5 1/250秒 500mm(MK2N:1.3倍)
測光:部分測光,RAW,ISO:250
等価焦点距離:722mm(938mm)
コメント:アンズ絡みのキガシラシトドが撮影できるとのことで,また人が集まりだしました。そこで,後れをとらないように出かけました。
撮影日:2007年3月13日
場   所:大泉緑地
使用カメラ:Canon 1DMarkUN
レンズ:EF500mmF4.5L USM
撮影条件:f4.5 1/160秒 500mm(MK2N:1.3倍)
測光:部分測光,RAW,ISO:250
等価焦点距離:585mm(761mm)
コメント:アンズに絡みましたがピン甘です。
撮影日:2007年3月13日
場   所:大泉緑地
使用カメラ:Canon 1DMarkUN
レンズ:EF500mmF4.5L USM
撮影条件:f4.5 1/160秒 500mm(MK2N:1.3倍)
測光:部分測光,RAW,ISO:250
等価焦点距離:619mm(804mm)
コメント:下を向いています。
撮影日:2007年3月13日
場   所:大泉緑地
使用カメラ:Canon 1DMarkUN
レンズ:EF500mmF4.5L USM
撮影条件:f4.5 1/200秒 500mm(MK2N:1.3倍)
測光:部分測光,RAW,ISO:250
等価焦点距離:647mm(841mm)
コメント:
撮影日:2007年3月13日
場   所:大泉緑地
使用カメラ:Canon 1DMarkUN
レンズ:EF500mmF4.5L USM
撮影条件:f4.5 1/160秒 500mm(MK2N:1.3倍)
測光:部分測光,RAW,ISO:250
等価焦点距離:613mm(797mm)
コメント:顔も黒くなりかけ,頭部も黄色が強くなりました。
撮影日:2007年3月13日
場   所:大泉緑地
使用カメラ:Canon 1DMarkUN
レンズ:EF500mmF4.5L USM
撮影条件:f4.5 1/160秒 500mm(MK2N:1.3倍)
測光:部分測光,RAW,ISO:250
等価焦点距離:661mm(859mm)
コメント:
撮影日:2007年3月13日
場   所:大泉緑地
使用カメラ:Canon 1DMarkUN
レンズ:EF500mmF4.5L USM
撮影条件:f4.5 1/320秒 500mm(MK2N:1.3倍)
測光:部分測光,RAW,ISO:400
等価焦点距離:606mm(788mm)
コメント:
撮影日:2007年3月13日
場   所:大泉緑地
使用カメラ:Canon 1DMarkUN
レンズ:EF500mmF4.5L USM
撮影条件:f4.5 1/200秒 500mm(MK2N:1.3倍)
測光:部分測光,RAW,ISO:400
等価焦点距離:605mm(787mm)
コメント:
撮影日:2007年3月13日
場   所:大泉緑地
使用カメラ:Canon 1DMarkUN
レンズ:EF500mmF4.5L USM
撮影条件:f4.5 1/200秒 500mm(MK2N:1.3倍)
測光:部分測光,RAW,ISO:400
等価焦点距離:611mm(794mm)
コメント:
撮影日:2007年3月13日
場   所:大泉緑地
使用カメラ:Canon 1DMarkUN
レンズ:EF500mmF4.5L USM
撮影条件:f4.5 1/250秒 500mm(MK2N:1.3倍)
測光:部分測光,RAW,ISO:400
等価焦点距離:591mm(769mm)
コメント:
撮影日:2007年3月13日
場   所:大泉緑地
使用カメラ:Canon 1DMarkUN
レンズ:EF500mmF4.5L USM
撮影条件:f4.5 1/320秒 500mm(MK2N:1.3倍)
測光:部分測光,RAW,ISO:400
等価焦点距離:682mm(887mm)
コメント:
撮影日:2007年3月3日
場   所:大泉緑地
使用カメラ:Canon 1DMarkUN
レンズ:EF500mmF4.5L USM
撮影条件:f4.5 1/200秒 500mm(MK2N:1.3倍)
測光:部分測光,RAW,ISO:400
等価焦点距離:626mm(813mm)
コメント:3月に入り頭部が少し黄色くなったとのことで撮影に出かけました。
撮影日:2007年3月3日
場   所:大泉緑地
使用カメラ:Canon 1DMarkUN
レンズ:EF500mmF4.5L USM
撮影条件:f4.5 1/200秒 500mm(MK2N:1.3倍)
測光:部分測光,RAW,ISO:400
等価焦点距離:709mm(921mm)
コメント:黄色みが増えています。
撮影日:2007年3月3日
場   所:大泉緑地
使用カメラ:Canon 1DMarkUN
レンズ:EF500mmF4.5L USM
撮影条件:f4.5 1/160秒 500mm(MK2N:1.3倍)
測光:部分測光,RAW,ISO:400
等価焦点距離:666mm(865mm)
コメント:この頃はスズメも餌付けされたようで沢山来るようになりました。
撮影日:2007年1月31日
場   所:大泉緑地
使用カメラ:Canon 1DMarkUN
レンズ:EF400mmF5.6L USM
撮影条件:f5.6 1/80秒 400mm(MK2N:1.3倍)
測光:部分測光,RAW,ISO:800
等価焦点距離:621mm(807mm)
コメント:餌付けされて,夾竹桃の植え込みの間に姿を見せるとのことで全国から多くのカメラマンが集まりました。少し,人出が少なくなった平日の早朝に撮影しました。
撮影日:2007年1月31日
場   所:大泉緑地
使用カメラ:Canon 1DMarkUN
レンズ:EF400mmF5.6L USM
撮影条件:f5.6 1/80秒 400mm(MK2N:1.3倍)
測光:部分測光,RAW,ISO:800
等価焦点距離:639mm(830mm)
コメント:頭部の黄色は薄く,顔も未だ黒くありません。
撮影日:2007年1月31日
場   所:大泉緑地
使用カメラ:Canon 1DMarkUN
レンズ:EF400mmF5.6L USM
撮影条件:f5.6 1/250秒 400mm(MK2N:1.3倍)
測光:部分測光,RAW,ISO:400
等価焦点距離:575mm(748mm)
コメント:寂しいのか,アオジと行動を共にします。
撮影日:2007年1月21日
場   所:大泉緑地
使用カメラ:Canon 1DMarkUN+1.4倍テレコン
レンズ:EF500mmF4.5L USM
撮影条件:f7.1 1/500秒 700mm(MK2N:1.3倍)
測光:部分測光,RAW,ISO:400
等価焦点距離:1231mm(1601mm)
コメント:2006年12月に大泉緑地で変わった野鳥が居るとの話があり,ベニマシコの雌だろうと言う話となっていました。しかし,1月の探鳥会でキガシラシトドの冬羽だと同定され日本中に噂が広まりました。
それではと,撮影に出かけたのですが芦の間からアオジと一緒にちらっと姿を見せて,飛び立つだけでまともな撮影が出来ませんでした。