写真展示:野鳥
エゾフクロウ(蝦夷梟)
写真をクリックすると,1280×905の拡大画像となります。

分類 フクロウ目フクロウ科
体長(嘴〜尾羽) 50cm
生息環境 平地,林
鳥の種類 留鳥
撮影の難易度 △北海道のみ生息
  

 雌雄同色です。頭が大きく平らな顔をしている。頭から背,翼の上面は灰褐色で灰色や褐色の縦斑があります。体の下面は淡い灰褐色で褐色の縦斑があり,翼の上面には斑が密にあるので暗色に見えます。尾は短く目は黒っぽい。日本では4亜種に分類され南方に行くほど羽色が濃くなります。

撮影日:2008年1月30日
場   所:北海道:標茶町
使用カメラ:Canon 40D
レンズ:EF500mmF4L IS USM
撮影条件:f5.6 1/400秒 500mm(40D:1.6倍)
測光:スポット測光,RAW,ISO:320
等価焦点距離:525mm(840mm)
コメント:北海道遠征の発端はエゾフクロウが欲しかったからです。
撮影日:2008年1月30日
場   所:北海道:標茶町
使用カメラ:Canon 40D
レンズ:EF500mmF4L IS USM
撮影条件:f5.6 1/250秒 500mm(40D:1.6倍)
測光:スポット測光,RAW,ISO:200
等価焦点距離:587mm(939mm)
コメント:何とか見つけることが出来ましたが,案の定昼間は寝ています。
撮影日:2008年1月30日
場   所:北海道:標茶町
使用カメラ:Canon 40D
レンズ:EF500mmF4L IS USM
撮影条件:f5.6 1/250秒 500mm(40D:1.6倍)
測光:スポット測光,RAW,ISO:200
等価焦点距離:548mm(877mm)
コメント:それでも,少し顔を動かし警戒しているようです。
撮影日:2008年1月30日
場   所:北海道:標茶町
使用カメラ:Canon 40D
レンズ:EF500mmF4L IS USM
撮影条件:f5.6 1/250秒 500mm(40D:1.6倍)
測光:スポット測光,RAW,ISO:200
等価焦点距離:500mm(800mm)
コメント:薄目を明けているように見えるので「フクロウの微笑み」と言う人も居ます。
撮影日:2008年1月30日
場   所:北海道:標茶町
使用カメラ:Canon 40D
レンズ:EF500mmF4L IS USM
撮影条件:f5.6 1/250秒 500mm(40D:1.6倍)
測光:スポット測光,RAW,ISO:200
等価焦点距離:500mm(800mm)
コメント:
撮影日:2008年1月30日
場   所:北海道:標茶町
使用カメラ:Canon 40D
レンズ:EF500mmF4L IS USM
撮影条件:f10 1/50秒 500mm(40D:1.6倍)
測光:スポット測光,RAW,ISO:100
等価焦点距離:500mm(800mm)
コメント:いつの日にか目を開いたフクロウが欲しいと思いながら,そっと立ち去りました。
なお,撮影時雪が降っており,それを写すためにSSを1/50Sとしましたが・・・