写真展示:野鳥
ドバト(堂鳩)

写真をクリックすると,1280×905の拡大画像となります。

分類 ハト目ハト科
体長(嘴〜尾羽) 33cm
生息環境 公園等
鳥の種類 留鳥
撮影の難易度 ◎非常に簡単
 

 野鳥ではありません。都会の公園や寺社や駅などで普通に見られる嘴の基部が白いハト。家禽として持ち込まれたもので,原種はユーラシア南部に分布し,カワラバトと呼ばれる。様々な品種改良がおこなわれ,茶色っぽいものや白っぽいものなどドバトの色彩は様々である。神社やレースハトとして親しまれたが,そこから逃げ出して野生化したものが増えた。ヒナにはピジョンミルクと呼ばれる胃壁を溶かしてつくったミルク状の蛋白質に富んだ嘔吐物を与えるため,ほとんど1年中繁殖する。 

撮影日:2005年6月21日
場   所:鶴見緑地
使用カメラ:Canon 20D
レンズ:EF400mmF5.6L USM
撮影条件:f5.6 1/800秒 400mm(20D:1.6倍)
測光:部分測光,RAW,ISO:200
等価焦点距離:400mm(640mm)
コメント:何処でも見かける鳥です。野鳥ではありません。
撮影日:2005年6月21日
場   所:鶴見緑地
使用カメラ:Canon 20D
レンズ:EF400mmF5.6L USM
撮影条件:f5.6 1/500秒 400mm(20D:1.6倍)
測光:部分測光,RAW,ISO:200
等価焦点距離:400mm(640mm)
コメント:
撮影日:2005年6月21日
場   所:鶴見緑地
使用カメラ:Canon 20D
レンズ:EF400mmF5.6L USM
撮影条件:f5.6 1/500秒 400mm(20D:1.6倍)
測光:部分測光,RAW,ISO:200
等価焦点距離:400mm(640mm)
コメント: