2.体調異常,緊急入院,膵臓がん発見,余命告知,自宅療養のための退院(2014年12月18日~12月29日)
 

 22日に緊急入院しました。そして,26日に家内はすい臓がんで余命は抗がん剤治療が出来なければ最長3ケ月,抗がん剤治療が出来ても最長6カ月の告知を受けました。そして,がんとの苦しい戦いが始まりました。
妻不調訴えしにも胃炎だと投薬せしは医師の誤診や 12月15日
採血の結果見せられ驚きしマーカーに出た膵臓異常 12月18日
帰宅して直ぐにベッドに倒れこむ 元気印の妻はいずこに 12月19日
自宅にて顔色悪く動けない苦しむ妻をただ気遣いて 12月21日
床に伏し「すみません」と言う妻は 病になった謝りなりや 12月21日
技量なし任せておけぬ街医者に大病院への紹介促し
 診療所では家内の重篤度の理解が乏しく,検診日を待てず大病院に紹介を依頼した。自主的に,もっと早く大病院に行けばよかったと反省です。
12月22日
主治医より検査結果を聞く覚悟あるかと言われ悟る病状 12月22日
急患で診察受けて即手術手遅れなりや大きな腫瘍 12月22日
妻よりの感謝の言葉「ありがとう」告げられし吾奇跡信じて 12月22日
我が家には「いつ帰れる」と聞く妻に「判りません」と言う若い医師
 妻は早速自宅帰りたくなったのですが,この症状では連れて帰ることができないのです。
12月23日
手術後に少し体力戻れどもテレビ観るだけ力もどらず 12月23日
膵臓に大きな腫瘍ある妻を案じて吾も食欲なくす 12月23日
去年まで共に祝いし日なれど今日はさみしきクリスマスイブ 12月24日
病室で静かに眠る我妻はやせ細りして哀れさ募る 12月25日
妻からの「欲しい」と求む ものあらば何でも買うぞガンに勝つため 12月25日
一人にてコンビニにいく体力が妻にできたと嬉しくなりし 12月26日
看護師に30日に退院と言われし裏を妻は知りえじ 12月26日
主治医から「妻の腫瘍はすい臓がん」 淡々と言う顔をじっと見 12月26日
医師よりの説明聴いて妻の癌 無知な吾には治ると思い 12月26日
主治医から吾一人にと告げられし 妻の余命は短すぎるぞ 12月26日
医師が言う妻の余命は短すぎ吾一人耐う限界超えし 12月26日
この妻が吾より先に亡くなると思いたくなく愛しさ増せり 12月26日
妻余命一人受け止め出来ざりて 勝手に足が実家に向かう 12月26日
余命知り妻への対処如何にせん小心な吾心狂わせ 12月26日
自分より元気な妻がなぜ癌に この世の非情嘆けど空し 12月26日
妻の癌告げられし日は衝撃でわが精神は奈落の底に 12月26日
先ず吾をいかに納得させるかと妻の余命に悲しみ悩み 12月27日
妻の死期”しゃぁないやんか”と自(おのず)から納得させて覚悟を決める
 短すぎる妻の余命を受け入れることが出来ず,どうしようと考えて,考え抜いた後に答えが判らず,自身を”しゃぁないやんか”(仕方がない)と無理やり納得させる以外に術がなかった。
12月27日
退院し早速外出考える妻の気持ち本心なりか 12月27日
今日の妻自力で歩け顔色も普通に戻り庭園散歩す 12月27日
妻余命告げれぬ吾の胸の内 心は耐えて顔を平静 12月29日
叔父や叔母吾を励ます電話あり その声聞きて寂しさ増せり 12月29日
退院し妻の喜ぶ顔を見てガンでなけりゃと思いたくなり 12月29日
退院し妻が作りし夕餉食べ つくづく思うその有り難さ 12月29日

BACK