2018年6月30日(土) 39月命日の誕生日
 今日は妻の39回目の月命日であり,妻が亡くなってから4回目の誕生日となります。私の誕生日には妻だけが祝ってくれて,腎不全の私には日常食べられないご馳走を用意してくれていました。でも,妻が亡くなった後は,誰にも祝って欲しくなく,誕生日が来るたびに高齢による不安感と,妻との年の差が段々開いて行くのが寂しいのです。”共に白髪の生えるまで”と誓って結婚したのに,私を置いて旅立ちました。

 今週は外出すると雨に降られて,昨夕は整形外科医院で傘を借りて帰宅しました。今日も天候は不安定なようで,自宅を出る12時過ぎには晴れていましたが雨に降られるのが嫌なので,薄いクリーム色の綿パンと白のDAKSのポロシャツ,そしてミズノの白い帽子を被って一心寺に出かけました。

 私の拘りで,妻が息を引き取った13:12には一心寺に居たく,到着は13:05でした。いつもの様に一番太い和ろうそく線香を購入しろうそくに戒名”安祥貞淑大姉”と妻の俗名まで書きます。ろうそくと線香を立てて納骨堂でお賽銭を入れて数珠を手に合掌します。
 そして,いつもの様に心の中で「来たで。」とお骨仏の妻に話しかけます。「今日はな,あんたが亡くなってから4回目のわしの誕生日やねん。」,「また,1歳歳をとってもたわ。」,「もう良えねん。」,「迎えに来てえな。」,「あんたが,何処に居てるか判れへんのでよう行かんねん。」といつもの泣き言を言いました。本当に体調が悪く,”もう良えねん”なのです。

 2015年3月31日の13:12に薄眼を開て私を見つめていた妻の呼吸が止まりました。その時,妻の意思を司っていた魂が体から抜けて何処何行ったのです。私にはそのは見えませんが,きっとどこかにいて私を見ていたり,形を変えて私の知らない人に乗り移って生きているかもしれません。誰もが知らない世界でありますが,沢山の患者を看取られた医師が書かれた本にも””が出てくるので,それは実際に存在するのでしょう。妻の魂を引き継いだ人に,逢ってみたいですね。
 
 先月も一心寺を去るときに,「来月も体力があったら来るわ。」と言いましたが,本当に暑くて(33.6℃)しんどいのです。来月は・・・妻には悪いのですが,判りません。
 暑さと寂しさで足取りも重く地下鉄の四天王寺前夕日丘まで歩き,途中天満橋で下車をして京阪電車で京橋の京阪モールに行きました。
 モールでは母から頼まれていた越前屋のちりめん山椒を購入して,妻にお供えする洋菓子と私の誕生日用のケーキ2個を購入しました。これまでなら3個購入するのですが,腎臓の悪化を考慮して妻と私で2個を食べます。

 そして,塩分やタンパクが多いのですが,年の一度の私の誕生日であり腎不全を気にしながらもアナゴ寿司と巻き寿司のセット,ズワイガニの握り(4個入り)を購入しました。私には量が多すぎるるので,妻にもお供えをして今夜の夕食は居間でソファーに座り妻と一緒に食べます。
 そして,5年振りに妻とビールで私の誕生日を祝い乾杯します。私はあまり飲めないのですが,今夜はコップ1杯を頑張ります。ビールは当然妻が好きだった,エビスの瓶ビールで,妻には大きなグラスにビールを注いでお供えします。今日は妻と二人だけの誕生祝でした。
 こんなことをして,寂しさを紛らわすのは辛いですね。家族が居ない者は,こんなものでしょうか。




誕生日祝ってくれし妻は逝き吾との歳の差開くばかりや
飲めぬのに飲めざる妻と乾杯す月命日は誕生日なり
 月命日に”乾杯”はないのですが,今日は私の誕生日なので乾杯なのです。なお,妻はアルコール依存症ですい臓がんになりました。・・・と思っています。
献杯は妻が好みし瓶入りのエビスビールで行わねばと
 妻はエビスビールの瓶入りが大好きで,毎晩大瓶1本と酎ハイを飲んで酔っ払っていました。
妻のこと他人(ひと)には他界したと言い心の中は未だ旅行中
2018年6月29日(金) 食べるために生きる?
 最近重たいものが持てないのと,重たいものを自転車に積んで運ぶと転倒するのでNET購入が増えています。昨夜も,先ず腎臓食用の常温食品であるレトルトカレー,ハヤシライス,ポタージュスープ,パンなどを発注しました。商品の到着は30日の18~20時の間です。
 料理が出来なく,する気力もない私は減塩・低タンパクのカレーやハヤシライスを頻繁に食べるので多量に発注しますが侘しい食生活です。

 そして,毎日薬を服用するする時にはミネラルウオーターで飲むので,妻が買っていたと同じ”奥大仙の天然水”2Lペットボトル6本入りを2ケースをアマゾンで発注したら,商品の到着予定は7月7日の時間不明でした。同時にC・Cレモン1.5Lペットボトル8本を発注すると,商品到着は30日の18~20時の間の到着で,ミネラル麦茶2Lペットボトル6本入りを2ケースも発注すると商品到着は30日の時間不明です。
 30日は昼間自宅を留守にするので,その時間帯だと商品を受け取れず7月7日も判りません。一人暮らしの宅配は受取人が限られるので,私は時間指定を行うのですが,それが出来ない場合には宅配の人に”重たい荷物”を何度も運ばせるのは気の毒なので玄関前のロッカーに入れてくれるように張り紙をしておきます。
 でも,この張り紙があると自宅が留守だと丸判りで,空き巣狙いの餌食?

 今日も無気力で食欲もなく体重が減る一方です。5月半ばの入院時には63.5kgあった体重が58.6kgと約5kg減りました。体重の下限は身長から58kg(BMIは痩せている)と考えているので,これ以上痩せないように考えないと。

 私の生活は,好きな時間に起床して朝食を摂り,その後昼前にまた寝て起きたら昼食です。
 起床時間が遅いと,昼食を抜く時があります。
 そして,夕食の準備は18時半ぐらいから15~20分行います。肉じゃがのように手の込んだ?料理の場合には,もっと時間を要しますが,こんなことは滅多にせず圧倒的にレトルト食品の夕食です。

 1日の内で寝ている(横になっている)時間が長く,病院とスーパー以外の外出も殆どないので,私は”食べるために生きている”と思うようになってしまいました。この様な生活は,駄目だと判っているのですが独居老人独特の生活なのでしょうね。
 私の輝いていた?生活は,妻の他界とともに消えてしまいました。
2018年6月28日(木) 元気な頃の妻
 昨夜は午前1時過ぎに就寝したのですが夜間頻尿が酷く2時間も眠れません。そして,夢の内容に変化があり,これまで仕事の夢が殆どだったのですが内容不明で支離滅裂な夢を見るようになったのです。夢は潜在意識の現れと言われており,とうとう私の精神状態が狂い始めたのでしょうか。
 8時過ぎにトイレに行き,次に目を覚ましたときには11時となっていましたが夜間頻尿と夢で,まだ非常に眠たく嫌な夢だったので繊細な私の心は沈んだ最悪の状態です。

 朝食が遅かったので,昼食を食べる気が起らずに供えていた桃を頂くことにしました。昨日の”妻の教え”から妻を思い出して寂しくてたまりません。6月30日は妻の月命日と私の記念日であるので,雨の降っていない今日に買い物に出かけることにしました。
 16時前に自転車で先ずスーパーに行き,妻のお供えに桃,バナナ,リンゴを購入して私用にパンや牛乳,手作りジャムなどを購入です。そして,今夜は牛丼を作ってやろうと佐賀牛のすき焼き用ロース肉を買に精肉店に寄り,隣の花屋さんで妻と記念日用の花を買うことにしました。
 しかし,精肉店の前を通ると定休日となっていました。これまでも,定休日に精肉店に来たことがあり,その日は水曜日だったと思っていたのですが木曜が定休日だったのです。別に,今日絶対に牛丼を食べなければならない理由がないので,肉は諦めて花屋さんに行きました。

 顔見知りとなった花屋さんの奥さんに「妻の月命日に供える花と誕生日の花を下さい。」と言うと,「生きておられる方の誕生日ですか?」と聞かれました。誕生日の花も生と死で異なるのですね。 予算を聞かれたのですが,私は何も判らず,何も気にしないのでお任せにしました。
 しかし,私は仏花や葬儀の花として印象の濃い菊と白いユリは嫌いで購入しません。居間に白いユリを置くと葬儀場と同じ匂いがして嫌なのです。

 沢山の花を購入して帰宅して,早速花瓶に活けました。写真の妻に「1日早いけど,明日が雨やったら嫌なので買うて来てん。」と言い,「明後日は一心寺のあんたに逢いに行かなあかん。」と言うと寂しさが増してきてパソコン内の妻の新しい写真を探しました。
 亡くなる2ケ月前の,すい臓がんで痩せこけた妻の写真は可哀想で哀れで見る気が起らないので,すい臓がんが見つかる半年前に最後の大好きだったハワイ旅行となった写真を見つけました。2014年6月22日の元気だった妻の最期の写真です。まさかこの時に,半年後に”余命3ケ月”の宣告をされるとも知らず,妻は楽しそうに微笑んでいました。65歳でした。
2018年6月27日(水) 妻の教え
 今日は昼からトイレ(大の方)に行って,水を流そうとしたら流れません。当然ウオシュレットも使用出来ません。断水です。
 ここでやっと思い出しました。マンション1階のホールに”27日の午後から断水”の掲示が出ていたことをです。でも,私は浴槽にためてある残り湯を使用して,トイレを流すことができました。
 風呂に残り湯を残すことが”妻の教え”であり,生前妻は何かがあって断水しても水が使用出来るように浴槽の残り湯は入浴前に抜いて清掃するのが妻の常でした。妻が亡くなってからは,暫くその教えを守っていたのですが入浴前の浴槽の清掃は面倒くさいので残り湯を溜めることを止めました。
 しかし,18日の地震で我が家は停電や断水をしなかったのですが,妻の教えを思い出し残り湯を残していたのが今日役に立ちました。普通の家庭でも,残り湯を残すのは”あたりまえ”なのでしょうか。

 マンションに住んでいると停電でも断水しますし,大阪市内の水道管は敷設後50年近く経過していて老朽化しているので大きな地震で破壊の恐れがあります。我が家では,飲み水は常に1.8Lのペットボトルを2本以上在庫していますが,水道管が破損すると復旧に時間がかかり生活用水に困るのです。
 飲料水は給水車が出てくれると思うのですが,それを3階の自室に運ぶには腰痛膝痛があるためにペットボトル2本が限界なのです。先日の地震で大阪市内の高層マンションに住んでいる野鳥撮影の婆さんが,「エレベータ1基が止まったが。」とマンションの立派さに豪邸に住んでいることを自慢していましたが,電気や水のインフラが破損したらどうするのでしょう。電気の復旧は水より早いとは思いますが,高層階での生活は成り立たないのを理解出来ていないようです。気の毒ですが,認知症が入っています。

 地震学者の間では,これから30年以内に南海トラフ地震が発生するとか,大阪市内を走る上町断層の移動による大地震を予告していますが,この様な大地震が発生したら大阪は壊滅するでしょうね。でも,この地震は私が亡くなってから発生すると信じていますが。

 今日も大阪市内は32℃越えの夏日で,尚且つ湿度が高かったのでエアコンを入れた自室から出る気が起りません。そして,原因は不明ですが不安感寂しさから昼間から精神安定剤の服用となりました。この引き金となったのは,断水から妻の教えを思い出したからです。写真の妻は「残りを溜めといて,良かったやろ。」と言っていました。
2018年6月26日(火) 雨に降られて
 昨夜はいつも服用している心療内科から処方された精神安定剤(うつ病)と睡眠導入剤の服用をやめ,腎臓内科から処方うされている睡眠導入剤を服用して午前0時過ぎに寝ました。どうも,心療内科で処方されている薬がきつ過ぎるのか,1日中非常に眠たくて無気力感を益々助長させるのではないかと疑っています。
 私の精神力さえ強ければ,薬の服用は不要なのですが。

 腎臓内科で処方された睡眠導入剤の効果は少なく,悪夢は相変わらずなのですが途中覚醒してしまいます。何度も目を覚まし,トイレに行ってから鬱鬱と浅い眠りが続きます。結局8時半過ぎに起床して朝食を摂りました。今日も寝不足で眠たいのですが,体の怠さはなくプールに行けそうな体調です。なお,朝食前の体重測定では59.1kgと入院時より4.4kg減っており,脚の浮腫みも減ってきたように思います。やはり塩分制限を厳しくした結果で浮腫みが少なくなり,体重が減ったのでしょう。

 13:30にプールに行くために自宅を出ましたが,真夏の太陽が照り付けており駅までの徒歩10分間が木陰もなく暑かったのです。本当に夏を感じました。そして,この好天が帰路で雨に降られて帰るとは,想像もしませんでした。
 スポーツジムに行きプールに入る前に体重を計るると59.3kgとなっており,今年の初めに戻ったようです。余り痩せすぎると,筋肉も減るのでこけ易くなります。
 プールではいつものコースを難なくこなせました。睡眠の質さえ改善できれば,私はまだプール通いを続けられるのですが。

 プールからの帰路で整形外科医院に立ち寄り,待ち時間が長いのでスマホでニュースを見ていました。眼についた記事は【富山市の交番で26日午後,警察官が刺されて死亡し,近くの小学校で警備員が撃たれて死亡した事件で,富山県警は富山県立山町の職業不詳,島津慧大(けいた)容疑者(21)を警備員に対する殺人未遂容疑で現行犯逮捕したと発表した。県警によると,島津容疑者は小学校の敷地内で,駆けつけた警察官に撃たれ,逮捕後に病院に救急搬送され重体の模様だという。】ことであった。
 刺殺された警察官は,まだ46歳の若さであり家族もいたでしょうし,警備員の方のも家庭があったでしょう。警察の逮捕理由は「警備員に対する殺人未遂容疑」での逮捕となっていますが,先に警察官が刺殺されているこの問題はどうなっているのでしょう。
 犯人は,どのような理由(精神状態)であり,ピストルを持って2人を殺した殺人犯なのに,なぜ即時に射殺しなかったのでしょう。世界の法治国家なら,21歳と言うこの”くそ餓鬼”を生かして置いて,他に犠牲者が出るのを待つような対応はしなかったと過激に考えました。

 まともな報道が出来ない朝日放送なら「警察官足るものが刺されて,拳銃を奪われ,その拳銃で一般市民が死亡した。」と悪意の報道をするでしょうし,あの評論家(頭の白い)は「何故犯人に傷を負わしたのか。」と言うのでしょうか。この警察官が自分の家族であっても,この様な報道をするのでしょうか。所詮,報道関係も含めてすべては他人事であり,私の年齢になって妻に先立たれた者の気持ちを本心から理解して貰えないのも同じ人間の心理なのでしょう。
2018年6月25日(月) 去年も同じ
 昨夜もワールドカップ日本の試合を観ました。残念がら引き分けに終わりましたが,素人目にも日本が優勢な試合だったと思いました。
 そして,いつもの様に午前2時過ぎに就寝して起床は9時半過ぎでした。今日も非常に眠くてたまらないので,朝食後に居眠りばかりで1時間ほど眠り12時過ぎに再び起床しました。
 その後,テレビを観ているとお昼のワイドショーはどのチャンネルもサッカーの報道ばかりで,益々俄かサッカーフアンが増えたようです。集団心理なのでしょうが騒いでいる若者の姿を見ると異様に感じます。若いのに,この程度のことでしか喜びを示せないのは気の毒ですね。自分が何かをやり遂げたという”達成感の喜び”を持てる生活をして欲しいと,何も目標のない老人が感じました。
 これが日本人の若者の全ではなく,何割ぐらい本当のサッカーフアンであるのか判りませんが,マスコミの過剰な扇動的な報道に洗脳された弱者を”とかくメダカは群れたがる”と冷めた目で見ていました。
 
 今日も1日中眠たくて居眠りばかりでした。昨年の今日はどうだったのかと”気まぐれ日記”を読んで見ると,
 【今日は掃除片付けなど,少しやっておきたいことがあったのだが起床が出来ず1日中殆ど寝たままです。これだけ無気力で体調の悪い日が1週間以上も続いたことは過去にありません。これは,家内を亡くし,もう帰ってこないことを自分自身が納得でき,これからの生活に全く目標がなくなってしまったと考えるようになったからです。】との記録がありました。
 私の日記は,自分自身を振り返るためにも日々の体調や出来事を,自分のために記録しているのです。
2018年6月24日(日) 夏が来た
 今日も睡眠の質が悪く8時間は寝たつもりだったが非常に眠たいのです。眠たすぎて何をする気も起らず,朝食後に昼前寝?で13時前に起床です。悪夢ばかり見る睡眠の質は,精神安定剤や睡眠導入剤で治りそうになく,諦めざるを得ないのでしょうか。
 1日中眠たいのは,睡眠導入剤のせいか,年齢のせいでしょうね。

 今週は散歩に行っておらず運動不足なので15:30に自宅を出て遊歩道の散歩に出かけました。今日は梅雨の中休みで,綺麗な青空が広がっており,この時間では真夏の太陽が私に降り注ぎます。
 が亡くなって,4回目の夏が来ました。我ながら,よく頑張っている自我自賛です。

 遊歩道沿いには所々にヒマワリが植えられており,太陽に向かって誇らしげに咲いていました。
 気温が高いと,体力の消耗が早く腎不全の私には無理な運動は禁止なので5600歩(約3.1km)で16時半過ぎに帰宅しました。

 帰宅すると早速,風呂を沸かし入浴し,明日も天気が良さそうなので洗濯です。
 年齢のせいか,何をするのも面倒なのですが全て自分で行わねばなりません。でも,何をしても妻を思い出してしまうのは,年齢のせいではなく人間性ですね。
 なお,昨日の肉じゃがは大きなジャガイモ2個を使用したので量が多すぎ,今朝も,夕食も肉じゃがです。次からは,ジャガイモ1個にします。

道端で太陽に向く向日葵が今年も夏の来るを知らす
老いすすみ思い起こしし亡き妻の愛しき姿面影にして

2018年6月23日(土) 初めての肉じゃが
 今日は8時半に起床しましたが,朝食後にテレビを観ながら12時過ぎまで居眠りです。この時間が気持ちが良いです。
 昼から沢山の買い物があるのでスーパーに出かけようとしていたら大粒の雨が降りだしました。買い物が多いので,自転車で行く必要があり雨が小降りになるのを待ちました。

 16時前にやっと雨が止んだのスーパーに出かけました。いつもの様に妻に供える花,バナナ,桃,デコポン(未だあった。)を買いましたが,私はあまり食べないので飾りです。
 今日は生まれて初めて肉じゃがを作ってやろうと,割かし大きめのジャガイモ2個,糸こんにゃくを買いました。肉は,肉じゃがには勿体ないと思われる佐賀牛のすき焼き用ロースが冷凍してあるので,それを50g使用することにしました。
 その他,米2kg,食パン,ヨーグルト,減塩ハム,減塩ベーコン,牛乳,桃の缶詰などを購入し,食器洗いの洗剤と流し台の3角コーナー用袋を購入すると今日も支払いは5千円を超えました。

 自転車の荷台が一杯になったので,一番上に3角コーナー用袋を乗せて,落ちないかなと少し気になったのですが,そのまま自宅に向かいました。自転車で走っている途中で”バシャ”と音が鳴ったのですが,ふり返って転倒したら嫌なのでそのまま帰宅しました。
 玄関前に自転車を停めて積み荷を確認すると,先ほどの”バシャ”と聞こえた音は3角コーナー用袋が地面に落ちた音でした。私の後続を走っていた自転車の人は,私に「落ちました。」と教えてくれませんでしたが,安いものなのでわざわざ拾いに戻るのが面倒なで諦めました。不注意です。

 帰宅して,妻にお供えをして肉じゃがを作ることにしました。
 先ず,大きめのジャガイモ2個の皮を皮むき器で剥くのですが,何度も擦らないと剥けず面倒です。ジャガイモは,妻が作ってくれていた大きさと同じぐらいに切りました。次は,大きな玉ねぎの1/3を荒く切って,糸こんにゃくを用意しました。
 それらを,棚に仕舞い込んでいた妻が肉じゃがを煮ていた鍋に入れて炊きました。ジャガイモに箸を突き刺して,芯の具合を確認して少し柔らかくなったので,炊き汁(湯)を捨てて200ccの水に汁の元(塩分1g)を薄めて出汁として,煮上がった具材に牛肉を入れて約15分弱火で炊いて完成です。
 味は・・・美味しいはずがなく,目で肉じゃがだと判れば贅沢は言いません。でも,初めてにしては上手に焚けていましたよ。

 今日も寂しい日であり,肉じゃが料理など作業は私には向いていません。
今朝の夢も仕事の夢で,10MW出力の整流器設計高調波対策を必死で考えていました。

「ただいま」と静寂破る大声えは「お帰りなさい」の返事無きから
一言も話さず終わる一日は電話の音に心が躍る
「ご飯よ」と呼ばれる声の有難さ その妻居間で微笑んでおり
気が付けば吾古希すでに遠くなり残りの人生妻の記憶と
お互いにするとされるを代わりたき時もあるのに妻は先逝き

2018年6月22日(金) 努力したが
 昨夜も午前0時ごろ寝ようと精神安定剤睡眠導入剤を服用して消灯し,寝つこうと努力しましたが眠たくなりません。頭に来て?,開き直って照明をつけてテレビを観ました。夜になると夜間頻尿で何度もトイレに行きたくなるのが,寝つけない要因にもなっているのでしょう。
 トイレに行くには狭い家なので居間を通り抜けるのですが,居間のサイドボード上にはA4サイズの妻の写真が置いてあり,私が通るたびに”妻の優しい眼線”を感じるのです。そこで私は,「あかん。寝られへん。」,「早よ,帰って来てえな。」と常に何かを話しかけます。
 妻が亡くなってから3年も過ぎたのに,未だに妻の眼線を感じるのは,妻の霊が居間に居続けているからだと技術屋の私は思っています。どう思おうが,私の勝手ですから。

 居間には何十年も前に購入したソファーが置いてあります。そのソファーの1個は,妻が常に座っていたものであり,闘病中もこのソファーで苦しんでおり,妻のへこみが残ったままなので自宅整理時に敢えて買い替えはしませんでした。このへこみが戻らないのも,妻が未だに座っているからでしょう。

 やっと午前3時過ぎに眠たくなったので寝付きましたが,相変わらず睡眠が浅く結局起床できたのは13時を過ぎてしまいました。プールに行きたい気はあったのですが,今日も体調不良で駄目です。それでも,16時過ぎから整形外科医院に行き膝へのヒアルロン酸,腰へのトリガー注射とリハビリを行ったのが本日の外出です。
 明日はスーパーに買い物に行きたいのですが,大阪はしっかりした雨予想です。

亡き妻の眼線感じし吾が居間の ソファーのへこみ妻が残しき
2018年6月21日(木) 今日は晴れて
 今日は8時間寝たつもりだが,いつもの様に変な?夢ばかり見て眠りが浅く非常に眠たいのです。それでも,昨日購入した和菓子を持参して母や実家を訪ねないと,消費期限6月30日なのです。和菓子は消費期限が短いので,購入に失敗したようです。
 明日は,出来ればプール整形外科医院に出かけたく,土日は雨が降りそうなので出かける日は晴れる今日しかありません。

 非常に眠たくプールなら出かける体力(気力)がないのですが,今日は歩く距離は長いものの13時前に自宅を出ました。母の入っている特養までは地下鉄とバスを乗り継いで1時間以上かかり,14:15に母の部屋に行きました。97歳となる母は,足が不自由で歩けないものの車椅子に座って部屋に居ました。
 途中で購入したクロワッサンやアップルパイ,そして和菓子を渡しましたが買い過ぎたようです。母は内臓に問題がないので食用旺盛であり,何でも食べられます。ひょっとすると,私より長生きするかもしれず,この様な場合に自筆遺言状の効果が出るのです。

 50分ほど母と地震の話や近況報告をして,特養を後にしました。
 その帰路で,実家に立ち寄りお供え(父の命日が28日で,お坊さんが妻も一緒に拝んでくれます。)を渡して,弟と1時間ほど話をしました。自宅では話し相手が居ないので,弟にも近況を話すのです。弟が居なければ,今の一人暮らしに私が耐えられたかどうか自信がありません。
 帰宅間際に弟が「兄貴。何か持って帰るか?」と聞いたので,5分間ほどで弟の嫁にいつもの野菜の天ぷらを揚げてもらい帰宅したのは17時半を過ぎていました。

 私の起床時間が遅いので,1日は短く,1週間も短く・・・1年も短いです。今日は約6000歩(3.3km)を歩きましたが,いつまでこの距離が歩けるかどうか不明です。言えるのは,確実に去年より歩行速度が落ちて老人歩き(どんなん?)になって来たことです。
2018年6月20日(水) 1日雨が
 毎晩暇なのでサッカーワールドカップを見ていますが,昨夜は日本コロンビアの試合なので興奮してみました。下馬評ではコロンビアの方が実力が上日本は負けるのだろうと思っていました。私は負けるのが嫌いで,負けそうな勝負は最初からしない性格なのです。応援しているチーム(野球は阪神・・・これが直ぐに負ける)が負けるのを見るのも嫌いで,昨夜は日本が負けそうだったら観るのを止めようと思っていたら,開始早々にPKで1点を先取して,その後同点にされましたがCKで勝ち越しゴールをとり逃げ切りました。
 まさか勝つと思っていなかったので,その喜びようは・・・単純な性格です。

 仕事にもその性格が現れ,現役時代は「石橋を叩いて渡らない男」との評価を得ていましたが,反面「やると言ったら,必ずやり遂げる男」との評価も得ていて,それなりに仕事はしていたつもりです。

 今日も睡眠の質が悪く午前2時過ぎに就寝して9時半過ぎに起床して朝食を摂ったのですが,眠くて,その後再び横になりテレビを観ながら居眠りです。やっと起床できたのは13時過ぎでした。絶対にせねばならないこともなく,何もする気力が無いのでこのような生活で良いのだと自分を納得させています。

 今日は15:30メンタルクリニック(心療内科)の予約を入れているので,14:50に自宅を出て地下鉄の駅に向かいました。
 今日は朝から雨が降り続いており,折り畳み傘ではなく赤い花柄の傘を差しました。私用に黒い傘があるのですが,妻が亡くなってからずっとこの傘を使用しています。はた目には,爺さんが派手な傘をさしてと思われるでしょうが気にしません。
 心療内科では,睡眠障害のための精神安定剤2種と睡眠導入剤を処方して貰っているのですが,全て服用すると翌日眠くてたまらないので精神安定剤を1種類にしてもらいました。
 私は睡眠導入剤を”眠たくなる薬”と思っていたのですが,眠くならないので医師に聞くと「薬を服用しても,寝る努力が必要です。」と言われました。また,精神安定剤は”抗鬱薬”だそうですが,私は毎晩服用が必要だと感じていません。

 心療内科からの帰路に,月曜日に購入予定だった妻のお供え,母の手土産,実家のお供え用に京橋の京阪モールで和菓子を買うために環状線に乗ろうとJR桜ノ宮まで歩きました。しかし,駅に着くと,いつも閑散としている駅なのに人で溢れており,JRの車両故障のために30分遅れ運転中で,暫く電車が来ていないようでした。
 いつ電車が来るか判らず,ベンチに座ろうとしても人が多くて座れず,脚の浮腫み(少しましになったと思います。体重が減り60kgを割り,今朝は59.7kgとなりました。)で怠いのを我慢してホームで立っていました。
 やっと入ってきた電車は,当然超満員でしたが1駅なので我慢です。地震の時は大変だったのでしょうね。老人には耐えられなかったでしょう。

 京阪モールで和菓子を購入したのですが,結構重くて傘を差しならが17時前に自宅に戻りました。疲れました。でも,これ位で疲れていたら野鳥撮影は無理ですね。
2018年6月19日(火) 引き返してきて・・・涙
 昨日の地震に対して私を気遣い朝から野鳥友達からのメールや電話が入ってきました。昼からは姫路に住む大学時代の親友からも電話が入って来て1時間ぐらい話をしました。そして,20時過ぎに私が勤めていた会社の元同僚からも電話が入りました。
 彼は我が家より震源地に近い千里山に住んでおり,丁度地震発生時にはトイレに座っていたそうで,吃驚して飛び出したそうです。
 揺れは相当ひどく,テレビが台から転げ落ち,冷蔵庫が15cm程移動したり,棚の食器が落ちて割れたりで大変だったそうです。
 お互いに,「もう地震など要らん。」,「静かにしておいて欲しい。」と同じ思いを話しましたが,30分ほど世間話をしている間に訃報を聞きました。

 それは,設計時代の同僚(同い年)で私より出来がよく副社長になられて,退社後悠々自適で過ごされていたのですが今年の4月奥さんすい臓がんで亡くされたとのことでした。私は,この人の結婚式にも出席し(彼も私の結婚式に出てくれ,妻も知っていた。)奥さんとも何度かあったことのある間柄でした。
 奥さんは,亡くなる1年ほど前から胃の調子が悪いと訴えていたそうで,すい臓がんが見つかった時には”余命3ケ月”を宣告されて,その通りに亡くなったそうです。
 私の妻の場合は亡くなる4ケ月ほど前に胃の調子が悪いと訴え,1ケ月で症状が急激に進みすい臓がんと診断された時点で余命3ケ月を宣告されたので彼の現在の気持ちは良く判ります。
 この歳(私と一緒)になってすい臓がんで奥さんに先立たれたショックは大きいと思うのですが,彼は息子と娘がいて,現在は娘と同居しているそうなので一人暮らしの寂しさ生活の不便さは私より少ないでしょう。でも,夫より先に妻が先立つのは・・・違反ですよ。
 葬儀は私と同様に家族葬で済まされたそうで,訃報は喪中ハガキで知らせる予定だそうなので電話を入れるのを遠慮することにしました。

 昨夜も夜間頻尿(浮腫みを取るための利尿剤のために多くなった)と色んな夢を見て睡眠が浅かったのです。そして,訃報を聞いたのが原因なのか夢の中で妻と出逢い,仕事をしている夢で奥さんを亡くした元同僚も出てきました。

 今日は火曜日でプールに出かける日なのですが,朝から気温の割に湿度が高く蒸し暑くて,寒がりの私もエアコンを入れました。そして,昼食後に2日間殆ど寝ていたので腰痛緩和のために体が怠かったのですがプールに出かけることにしました。
 自宅から最寄の駅まで10分ほど歩いたのですが,今日は体調が悪く息切れが酷いのです。それでも電車に乗り,京橋で下車してスポーツジムに向かって歩いていると気持ちが悪くなって来ました。この様な体調の時に倒れて救急車で運ばれたこともあるので,プールは断念して自宅に引き返しました。

 16時過ぎから整形外科医院に行こうと,それまでの間に昼寝をするためにベッドに横になりましたが精神的に高ぶっており寝付けません。仕方がないので,録画していた”探偵ナイトスクープ”を観ました。今回の依頼内容も偶然お涙ちょうだいの”亡くなった妻のカレーを再現して欲しい”でした。
 その依頼者が私に似ており,観ていて涙が零れました。

 その依頼者は70歳で,その奥さん(68歳)が毎年お正月に三日間かけて作るカレーを食べるのが習慣でした。結婚40年目(我が家と同じ)で,その奥さんが心臓病で突然に3月1日にこの世を去ったそうです。(私の妻は66歳で3月に亡くなりましたが。)
 その奥さんが作ったカレーが冷蔵庫の中に残っていたそうで1人前だけだったのです。これを食べてしまうと奥さんのカレーが無くなってしまうので,なんとか奥さんのカレーを再現して欲しいと言う依頼です。
 奥さんがなくなってから2ケ月経って,いろいろな慌ただしさも去って落ち着くとふっと寂しくなって来られたようです。一人暮らしで奥さんのことを思い出して涙ぐむ依頼者でした。
 冷蔵庫にはタッパーに入ったカレーが冷凍して入れられてます。これがラストのカレーであり奥さんの最期の味だから,自分も作りたいと依頼者は番組に依頼したのでした。
 そして,奥さんのカレーの味を再現して貰い試食した依頼者は「奥さんのカレーと一緒だ。」と言われ,ハンカチで涙をぬぐう画面を見ていると私も妻のカレーを食べたくなり貰い泣きです。私の妻も,色んな香辛料を使い独特の味のカレーを作ってくれていたのですが3年半以上それを,そして”もう”食べることが出来ないので余計に泣けてきました。

 この番組を観てしまって,体調の悪い私は益々沈みこんでしまい整形外科医院に出かける気力も失せ,ご飯を炊く気も起らなくなり横になっていました。
 
2018年6月18日(月) びっくりした,そして怖かった
 今日は昼から久しぶりに守口の京阪百貨店に行って,妻のお供え,母の手土産,実家のお供え用に和菓子か焼き菓子を買に行く予定にしていました。
 ところが,今朝7:58に寝ていると突然”ガァン!”と言う音とともに突き上げるような大きな揺れが来ました。そして,枕元に置いている2台の携帯から緊急地震速報不気味な着信音が聞こえてきますが,揺れが大きすぎて画面を見る余裕などありません。
 地震は築45年近い老朽マンションを揺らし,今にも壊れそう(オーバーかな)な軋み音が聞こえて来て倒壊に対する不安を感じました。私の部屋は,妻が亡くなった年に整理を行ったので物が倒れて来たり,落ちてくる心配はなかったのでベッドに横になり揺れに耐えました。
 10~15秒で揺れは止まったのですが,暫くベッドから動けません。

 大阪市内で私が経験した大きな地震は2回目で,最初は1995年1月阪神大震災でした。その時私は夜明け前の大きな振動で目を覚まされました。
 「地震だ!」と叫び飛び起きましたが,本箱の上の碁石が落ちてバシャ!!と鳴る音に尋常ではないと判断し,隣に居た妻に「布団を被れ!」言っていました。
 揺れが治まり,何を思ったのかベランダ側の戸を開けた後で大きな揺り戻しが心配となり玄関を開けようとしましたが扉が食い込んでおり開くことが出来ません。
 扉は引き戸なので,体当たりをして開くことも出来ず必死で取っ手を引いている内に何とか扉を開きました。

 今日の地震は守るべき人が居ないので,しばらく動かなかったのですが,妻が健在であれば妻の部屋に行き「大丈夫か?」と言っていたと思います。そして,停電はしていなかったのでテレビをつけると地震速報が流れていました。
 私の住んでいる地域は震源地に近い大阪市内北部だったので,震度は5強と発表されました。でも,阪神大震災も震度は5強だったのですが,今日の揺れの方が弱かったのです。
 以前玄関ドアーが開きにくくなったので確認のために居間を通ると,のために飾っている花の花瓶が倒れてサイドボード上が水浸しとなっていました。
 玄関のドアーも少し固かったのですが開くことが出来て,我が家の被害は花瓶が倒れただけでした。
 妻が私や我が家を守ってくれたのではと思うと,妻の写真を見て目頭が熱くなりました。恐ろしくて,心細かった感情が一度に高まりました。老人は弱者なのです。

 実家は木造で飲食店をやっているので,被害がなかった確認のためにAUの携帯に電話を入れると「回線が混雑しています。」のアナウンスが流れ繋がりません。次は,ソフトバンクの携帯で電話を入れると繫がり,実家に被害がなかったのを確認で来て良かった。
 完全に目が覚めてしまい,地震速報を見ながら朝食を摂ったのですが地震の驚愕からなのか頭痛が酷くテレビを観ながら眠ることにしました。しかし,神経が高ぶりすぎて寝つけず,昼から乗る予定であった京阪電車も止まったままなので14時過ぎまで横になっていました。

 昔から,怖いものの代表が”地震”であり,もしも我が家が住めなくなるぐらい崩壊したら私は再起不能です。残り少ない余生に,もう変化は要らないのです。静かにしておいて欲しいと感じた日でした。
2018年6月17日(日) 起床できず
 今日は13:30から区民ホールで”音楽の祭典”が催されるので行くつもりでした。ピアノやバイオリンなどの演奏会であり,毎年行われているのですが妻が亡くなるまで全く興味がありませんでした。しかし,自宅で一人で居るのが寂しくて,妻が亡くなってから出かけるようになりました。

 昨夜も睡眠導入剤を服用したのですが寝付けず(神経が興奮している),結局眠りに就いたのは午前2時を過ぎていました。そして,9時半過ぎに起床して朝食を摂ったのですが,睡眠導入剤の効果が未だあるのか眠くてたまりません。因みに,今朝の朝食前の体重は60.6kgと5月17日の入院時より3kg痩せています。これが利尿剤の効果なのか,食事の質が悪いのかは判りませんが,老人が太るのは体に良くないことです。

 余りの眠たさに11時前からベッドに横になりテレビを観ていたら居眠りばかりであり,何とか起床できたのが13時過ぎだったので音楽会に行くのは中止することにしました。眠いのを我慢して参加しても,居眠りばかりで鼾をかいて眠ると他の方に迷惑となりますから。

 昼食後は,グズグズと書類の整理(シュレッダーで廃棄)や部屋の掃除を行うと16時前になったのでスーパーに行くことにしました。毎回,妻の部屋を掃除するときに”私は誰のために,この部屋の掃除をしているのだろう”と思うのです。妻が亡くなった年に畳もやり替えて,今は空き部屋となっているので畳は青いままです。最優先に,妻の部屋を掃除するのは,潜在意識の中に”未だに妻の帰りを待っている憐れな老人の姿があるのでしょう。

 スーパーから帰って風呂を沸かし,入浴後に突然一人で自宅に居るのが寂しくてたまらなくなりました。胃の具合まで悪くなり,この様な精神状態では夕食も摂ることが出来ないので精神安定剤(腎臓内科で処方して貰っている)の助けを借りることにしました。
 肉体的のみならず,精神的にもますます弱くなる自分自身が嫌になります。
2018年6月16日(土) 修理に納得
 今日は三菱電機サービス員が我が家にやって来る日です。昨夜も睡眠導入剤を服用したのに眠られず,やっと午前2時過ぎに眠りに落ちました。そして,朝に枕元の携帯が鳴ったので,三菱電機からだろうと出てみると,無言電話です。知らない電話番号であり,無言なので切りました。時刻を見ると,5:54となっており間違い電話か嫌がらせでしょう。馬鹿やろ~!
 早朝から電話で起こされ寝つけないので7:30に起床して朝食を摂りました。

 8:55に三菱電機のサービスマンからの電話で「10~11時の間にお邪魔します。」とのことでした。昨朝の電話よりはましです。
 サービス員は10時半過ぎに我が家にやってきました。サービス員は去年12月の修理情報と,昨日の情報を知っており,エアコンのスイッチを入れると”ガリ,ガリ,ガリ”と大きな音が出るのを確認後に私に「エアフィルターの挿入検出センサーかフィルター移動モーターの不良,もしくはフィルターガイドの不良が考えられるので,お掃除メカユニットごと交換させてください。」と言いました。
 その故障要因に私も同意してユニット交換に同意しました。三菱電機の”霧ヶ峰”は数万台以上販売されている機種であり,基本的な不良ならNETに故障情報が載っているはずですが,それが無いので我が家のエアコンの当たりまんが悪かったのでしょう。機械ものには不良は付きものですから,私は怒りませんでした。
 ユニット交換と新品のフィルターに交換して,1時間ほどでサービス員は帰りました。良く考えると,今年になって我が家に上がったのはこのサービス員が初めてでした。孤独な家ですね。

 昼食後にあまりに眠たいので,1時間ほど昼寝をして15:30から今日も散歩です。寝不足の割には体が軽かったので8300歩(4.6km)を歩きました。
 そして,夕食には生まれて初めて”焼うどん”を作ることにしました。
 先ず玉ねぎを切り,買ってきた千切りキャベツをどっさり入れ,25gの豚肉を入れて少し多めの胡椒を振ってオリーブオイルで炒めます。
 その間にうどんを茹でて,茹で上がると具の中に入れます。味付けは腎臓食用の減塩ソース(65%減塩)を大さじ2杯料理酒大さじ1杯の超薄味です。
 焼うどんだけなら,量が少ないので市販のお粥たまご振りかけをかけ,他のおかずはヒジキで夕食の完了です。

 夕食は赤いお盆に乗せて,自室の小さなテーブルの上でテレビを観ながら寂しく食べます。
 この夕食でタンパクは16g,塩分1.8g,カロリーは467kcalとなりましたが,カロリーが足りません。そして,味の方は,現在の私には贅沢で”美味しかった”です。

今年初自宅に上るはサービス員 エアコン修理で帰っていった
2018年6月15日(金) ナビダイアル”0570”
 昨日はエアコンから異常音が聞こえるのでヤマダ電機(10年保証している)に電話を入れたら,三菱電機のサービスセンターに電話を入れてほしいというので電話番号を聞いて0570-***-***に電話を入れると,自動音声で「この電話はナビダイアルであり,通話料として20秒間で10円かかります。」とメッセージが流れました。
 こちらは,あんたとこの製品の不良で電話を入れているのに,高額な有料電話とは何事かと”かちん”と来ましたが,大人の対応で異常内容を話しました。すると,「暫くお待ちください。」と言って,無音の状態が続いたので腹が立って電話を切ってやりました。
 私の携帯は”掛け放題”の契約をしているのですが,ナビダイアルは適用外で有料なのです。昔はやったダイアル”Q2”じゃあるまいし,勝手にクレームを出しておきながらナビダイアルでつなぐ三菱電機のサービスセンターの対応は異常です。電話が嫌なら,クレームを出すな!!

 暫くすると,三菱から電話が入り「サービス員から,いつお伺いできるか電話させます。」とのことでした。そして,昨夜は洗い物をしている19:55に携帯に電話が入っていたのですが,場所を離れていて取れませんでした。そもそも夜の8時前に電話を入れるとは非常識すぎます。

 今朝は8:12に枕元の携帯が鳴り,三菱のサービス員からで「明日伺います。」とのことだったので,訪問時間を聞くと「明日の朝電話させていただきます。」とのことでした。ここでも腹が立ちました。
 通常の会社業務は9時開始が多く,顧客に電話入れるのはそれ以降の時間なのに8時過ぎに電話を入れるのは非常識です。睡眠障害の私にとって,8:12は非常な早朝なのです。多分明日も,早朝から電話が入ってくるのでしょうが三菱電機のCS活動(顧客満足度)は,電話料金や非常識な時間帯の電話により不合格です。これだから,日本の大企業も中国台湾に買収されるのです。

 そして,明日の修理で昨年とおなじエアーフィルター交換だけで済ませたら,私の怒りは心頭に発します。明日のブログをお楽しみに。

 16:30に苦手な歯科医院に予約を入れていたので,16時過ぎに自宅を出ました。この歯科医院の奄美大島出身助手の方に奄美ネーチャーセンターを教えて貰ったので,昨夜は奄美固有種のアカヒゲ,ルリカケス,オーストンオオアカゲラ,オオトラツグミの画像をA4サイズに印刷して,4枚贈呈するために持参しました。
 医院では診察前に医師,歯科衛生士,その助手と野鳥写真について話しました。アメブロでは人気のない画像も,医院では喜んで貰い治療室に飾って貰うことになりました。現在は,他の野鳥写真が飾られています。
 私の野鳥写真はテレビ出演をしたり,パンフレットにも使用されています。でも,興味のない人にとっては,何の思いもないのですね。今流行の”インスタ映え”はしませんが,本当の写真を語るには写真の主体を考える力が必要なのです。

 歯科医院では定期的な歯の掃除を行い,その帰路で整形外科医院に寄り腰への注射とリハビリを行いました。病院や医院通いは今週5回目であり,ほんとは眼科医院の定期検診にも行く予定でした。私の生きる目的は,病院通いなのでしょうか。

 18時半にマンションに戻り,郵便受けを覗くと妻宛ての”古希同窓会のご案内”のハガキが入っていました。妻は私の高校の後輩であり,学友会には妻が亡くなったことを知らせていないのです。寂しいから敢えてです。
 それにしても,妻は66歳で亡くなったのですが,3年が経過して今年は古希を迎えるのです。健在ならばおばあちゃんの仲間入りであり,私はくそ爺になって当然です。でも,妻の年齢は66歳で止まったままであり,私とどんどん歳が離れて行きます。

あの頃の「お~い」と呼べば「はい」がある妻との暮らし懐かしきかな
 私は妻の名を呼ぶことなく「お~い」と呼んでいたのは,照れ屋からでした。一度「**子」と読んで見たかったです。
2018年6月14日(木) また故障・・・体も故障
 今日は総合医療センター腎臓内科の診察日です。退院以来の食事内容(タンパク量,塩分,カロリー量の記録)と体重記録をプリントアウトして持参することにしました。入院中に食事指導を受けて,特に塩分量に注意して食事をしてきましたがエネルギー不足です。
 今日の検査結果が気になるのか,8時に目覚ましをセットしたのに6時半に起床してしまいました。こんなことでも精神的に緊張して眠れないのです。

 9時過ぎに自宅を出ましたが,病院までバスで行ったため交通停滞に引っかかり病院到着は10時でした。早速採血室に行き血液検査と尿検査を行いました。そして,朝食抜きでの検査だったので1階のカフェ・喫茶でコーヒーとサンドイッチ(出来るだけ塩分の低い)を食べました。
 11時過ぎに診察室に呼ばれ,先ず血圧を計ると正常範囲でした。次は問題の血液検査の結果なのですが,クレアチニン(Cre)の値は少し下がっていたのですがBUN(尿素窒素)がこれまでに無かったほど高い値となっていました。これほど神経質な食事制限を行っているのに,効果が見られません。
 私が絶対に嫌だと思っている**までの余裕?は殆どなくなりました。もう,あかんわ!医師からは「このままで様子を見ましょう。」と言われました。

 また,血液検査の結果で”貧血”となっているので,入院中に続いて2回目の増血剤の注射を行うことになりました。この病院では,入院中以外に採血以外の注射をしたことが無く,看護師に初めての処理室に連れて行かれました。看護師よりは「この注射は痛いですから,ゆっくり打ちます。」と言われ,長い間針を刺されましたが膝に打つヒアルロン酸注射の方が痛いです。
 会計を済ますと血液検査と増血剤の注射があったので5千円近い金額となりました。また,帰りの薬局では3週間分の薬で支払いは6千円を超えました。
 私の生活費は,腎臓食の取り寄せと医療費で年金の殆どが消えます。

 自宅を出る時は涼しくてスポーツシャツの上からジャケットを着ていたのですが,帰宅は12時過ぎとなり,駅から歩いたせいもあり暑かったので帰宅後にエアコンを入れました。すると,去年の秋にも起った異常音がエアコンから聞こえるのです。
 その音は,この様になっています。(今日は,今にも壊れそうなもっと大きな音です。)

 このエアコンは2016年5月8日に”もう自分でエアーフィルターの掃除ができない”と自動掃除機能付き三菱電機”霧ヶ峰”を購入したのですが,1年半ほど経過した昨年秋に異常音が聞こえるようになったのです。
 エアコンは10年保証付きなので購入したヤマダ電機に電話すると11月24日にサービス員が来ましたが音の原因がフィルターの歪みなので「手に追えないので三菱電機のサービス員を呼ぶ。」とのことで帰りました。
 11月26日に三菱のサービス員がやってきましたが,エアフィルターのサイズを間違ったとのことで12月1日に出直してきました。
 三菱のサービスマンは,エアコンのフィルターを新品に交換しただけでした。私は「改良品のフィルターですか。」と聞くと,「以前と同じです。」との返事で,何故フィルターが歪んでしまったかの回答がありません。
 私は,同じような歪が再発すると考えて自動フィルター清掃の頻度を下げることにしました。それでも,半年ほどで同じような音が聞こえて潰れそうなので,先ずヤマダ電機に電話を入れて三菱のサービスマンが来るように手配依頼をしました。
 私は,このクーラーからの異常音はエアフィルターの構造上の欠陥だと考えているので,ヤマダ電機のサービス受付に,三菱電機に伝えてほしいと次のことを言いました。
 「今回のクーラーからの異常音は昨年秋に続いて2回目であり,半年しか使用していない。」,「同じ構造のフィルターに交換しても根本的な修理にはならない。」,「私は長年電機機器の設計を行っており,構造的には詳しい。」,「修理に来るサービスマンは,再発防止を説明出来る人に来て貰って欲しい。」と言いました。
 私はクレーマーではなく,理論的にしか納得ができない技術屋なのです。古希を超えたと言えど,夢の中では現役の技術者としてバリバリ仕事をしていますから。頼りないサービスマンなら,「本体ごと交換しろ!」と現役時代の性格が出るかも。
 エアコンは20万円近い金額であり,邪魔なCMを流す通販のJ・Tが大声を張り上げて販売している安物と違いますから。私の1ケ月の年金で購入出来ない金額です。
2018年6月13日(水) 妻の匂い
 昨夜,録画していた”探偵ナイトスクープ”を観ました。関西では人気のある長寿番組なのです。今回の放送では,「パジャマの匂いを残したい!蘇る“天国のお父さん”の記憶」と言う泣ける内容でした。
 内容は,福岡県の女性からの”昨年末,主人(50歳)が肺がんで他界しました。残された3人の10代の子供たちは,亡くなった日に着ていた父のパジャマを大切にビニールに入れて保存している。匂いが無くならないよう開けたくない,でも開けたい・・・・・・・それで喧嘩をしている。闘病中に子供たちは主人のベッドで添い寝をしていたので,「主人の頑張った記憶」がその匂いから蘇ると思う。無くなりつつあるパジャマの匂いを再現してください。”依頼でした。
 そして,放送では見事にその匂いを再現できて,観てる私は涙ボロボロでした。

 私は,この放送を観てを重ねてしまったのです。2015年3月31日にこん睡状態だった妻が病院の緩和病棟で,手を握った私の話掛けに反応して薄目を開けて私を見つめ,涙で別れの挨拶をして息を引き取ったのでした。
 その病院では,それまで着ていた肌着やパジャマを洗濯したての物に着せ替えてもらいました。その日の”気まぐれ日記”はここです。

 妻が亡くなった時に着ていた,妻の頑張った最期の匂いがしみ込んだ衣類は,病院に駆けつけてくれた弟か義弟が袋に入れて自宅に持ち帰ってくれましたが,私の記憶は飛んでおり記憶にありません。
 そして,それらの衣類はゴミ屋敷状態になっていた居間や妻の部屋を四十九日にまでと必死になって片付けたので,どのように廃棄したのかの記憶が全くありません。化粧品も全て廃棄したので,妻の匂いは我が家からほとんど消えたのです。

 唯一妻の匂いがしみ込んでいた,妻の夏用の掛布団は私が使用するために布団カバーを洗濯しましたが,布団には染み込んだままなので妻を懐かしんで未だに着ています。でも,妻がどのような匂い(香り)だったのか,今では私の記憶から消えてしまっているのです。この放送を観て,無性に妻と逢いたくなって涙が零れ落ちたのです。

 今日は梅雨の中休みの晴れ間が広がったので,10時過ぎから衣類の洗濯と同時にベッドの上の布団シート及び妻の着ていた(現在私が着ている)夏用の掛布団カバーも洗濯しました。そして,今日も15時半から5600歩(約3km)の散歩をしました。歩けなくなったら困るので,下半身強化のために散歩するのです。
2018年6月12日(火) 信用出来る?
 今日は朝からマスコミがうるさかった。チビのロケットマンとこき下ろした米国の大統領が,その北朝鮮の委員長とシンガポールで米朝首脳会談が開かれたのでした。会談の様子を少し見ていたたら,シンガポールまで飛べる専用機もなく,ホテル代も払えないくそ若造の委員長が,あの世界一の大国の大統領と対等で握手をしているのを見ていたら異常に感じました。
 アメリカも地に落ちたもので,核弾頭を積んだミサイルの脅しに尻尾を巻いてしまったと感じたのは私だけでしょうか。そして,合意文書の署名を行っていましたが,具体性に欠けて約束を守る保証など全く感じられませんでした。
 これまで,日本やアメリカが北朝鮮と合意文書を作成していますが,ことごとく裏切られてきた歴史があるのです。日本の隣国には,不可侵条約を一方的に破棄して日本に宣戦布告したロシアや世界制覇を狙う自由のない共産国の中国,慰安婦問題など約束を守らない韓国があるのです。

 どの道,北朝鮮が約束を守ったとしてもその実施期日より私の寿命が来そうなので,家族もいな今の私には評論家的発言で良いのです。

 今日も2度寝をしましたが,比較的体調が良くてプールに出かけることにしました。プールに入る前に体重を計ると62.5kg(身長からは標準体重)で前回よりやや増加です。いつもの様に,水中ウオーキング,アクアビクス,背泳ぎ(腰痛のため),ジャグジー,スチームサウナとフルコースをこなし,帰路で整形外科医院に寄りました。

 診察受付は16:15からであり,16分に受付を行うと診察番号は17番でした。ますます,エスカレートするこの待ち時間は何とかして欲しい。呆けた老人が多いのだから。
2018年6月11日(月) 酷い不眠症
 5月の中旬に入院して以来,心療内科で処方されている精神安定剤睡眠導入剤を服用したら寝つきが非常に良くなった。しかし,ここ最近の不安感から,その薬の効果がなくなってきました。
 一昨夜も24時過ぎに眠ろうと消灯しましたが,妻との楽しかった出来事や今後の不安が脳裏に浮かび午前3時前まで寝つけませんでした。
 眠りに落ちても,リアルな現役時代の仕事の夢を見て熟睡できず,8時間以上眠ったつもりなのですが起床後には体が怠く,眠くて仕方がないのです。誰とも話をせず,殆どの時間をベッドで横になっていると腰痛が酷くなるのと,歩けなくなったら困るので5000歩ほどの散歩を行い1日は終わりです。

 昨夜もやっと午前2時前に眠りに落ちて,10時前に起床しました。起床後には,朝食前に体重を測定して記録(脚の浮腫みの指標)する必要があるのですが,5月29日の61.5kgを境に体重が徐々に増加してきており,今日は62.8kgとなっていました。入院中の食事指導で,タンパクとカロリー不足を指摘されたので食事量が増えたのが原因か胴回りに贅肉がつき始めたような感じです。浮腫みからの体重増加でなければ良いのですが。
 朝食を済ませて,雨の止み間に自転車で近所の内科医院に出かけ診察?と薬を貰って帰りましたが,その道中眠くてたまらなかったのです。帰宅後は,昼前から13時過ぎまで昼寝をしないと体が持たないのです。酷い不眠症になってしまいました。

 運動不足で太るのが嫌なのと,腰痛改善のために15時半から散歩に出かけましたが5000歩を歩くと疲労困憊です。これも,腎不全の悪化が原因でしょか,今週の木曜日に総合医療センター腎臓内科の受診が決まっているので,結果が怖いです。
 もう,自分自身どうしたら良いのか判らず不安だらけで,余計に妻のことが思い起こされて寂しくなるのです。土曜日に購入した芍薬が見事に開花しているのを見ると,寂しさが更に増します。
 平均的な健康寿命に達した私には,この体調が普通なのでしょうか。精神的にも,肉体的にも弱くなりました。去年の今頃は,この様な体調では無かったのに。

飾りたる見事に咲きし芍薬を見る妻の眼は寂しかりけり
2018年6月9日(土) 夜中に吠える
 最近,益々一人暮らしの寂しさ不安感から精神状態が狂い出したようだ。昨年ぐらいまでは,夜中に妻の写真に向かって「もう,ええねん。」,「迎えに来てえな。」なと大声で叫んでいたが,最近は夜中にベッドの上で「ぎゃあ~!」,「わぁ~!」と大声で吠えるようになってきました。マンションだから近所には聞こえないはずだが,もし声が漏れていたら「可哀想に,あの爺さんは奥さんに先立たれて狂ってしまった。」と思われるのでしょうね。

 夜中に大声を出すと少し精神的に楽になるように思えるのですが,空しさが深くなります。健康面や年齢的な問題であり,自分自身で解決できないのが残念です。今年に入って少し”ほっこり”するのはNHKの朝の連続テレビ小説の「半分,青い。」を観る時です。15分番組なので録画しておいて30分としてみますが,このドラマは70歳を超えて燃え尽きようとしている老人の私に,青春時代の甘酸っぱい思い出を呼び起こしてくれるので楽しみに見ているのです。この気持ちを理解して頂けますか。

 妻も私も,何年も前からNHKの朝の連続テレビ小説が好きで観ていましたが,未だに忘れられないテレビ小説があります。それは2015年3月28日に最終回を迎えた「マッサン」の放送で,妻も入院中はこの小説を毎日観ていました。しかし,3月28日(クリックするときまぐれ日記)の妻は緩和病棟に入りテレビを観る体力も無くなっていましたが,この日は美容師を病室に呼んでフラダンスのために延ばしていた長髪を”旅立ちの準備のため”か短くして貰ったのでした。
 テレビではこの日にマッサンの妻のエリーが亡くなったのを妻は知ることが無く,妻も翌日から殆ど意識が亡くなり3月31日に他界したのでした。
 私は生涯このテレビ小説「マッサン」が妻と重なるので,再放送を観る勇気もありません。

 今日は9時過ぎに起床して,子供会に寄付するためのゴミの収集日なので沢山の段ボール(通販が多いから)とジュースの紙パックを収集場まで運びました。そして,朝から梅雨の晴れ間で青空が広がっていたので溜まった洗濯をしました。
 10時半に洗濯が終わったのでベランダに干して,13時過ぎまでテレビを観ながらの居眠りです。2度寝の習慣がついてしまいました。
 昼食には腎臓食用の天ぷらうどんを作り,パソコンの前に座った後で16時過ぎから久しぶり?にスーパーに出かけました。妻が自宅療養中は毎日私がスーパーに出かけていましたが,その妻が入院して亡くなると2日に1回のペースに減りました。そして,そのペースが徐々に長くなり最近では5日に1回ぐらいになりました。

 特に,最近精神的に沈んでおりスーパーに行く気力も失せて来て,絶対欠かせたことのない妻へのお供えの花や果物も痛みが目に見える様になりました。そこで,今日は妻の花として芍薬,果物として妻が買って来て欲しいと言っていたバナナと出始めたハウスミカンを購入です。そして,私用にはパンとヨーグルト,白菜と豚肉(薄味で自分で料理するようになりました),鱧の湯引き等を購入して1日が終わりました。

 帰宅後に花瓶に花を生ける時に芍薬を見ながら”立てば芍薬,座れば牡丹,歩く姿は百合の花”と思い浮かべ,妻の歩く姿は”肥満体”であり,座る姿の牡丹だけが似ていたなと変なことを考えてしまいました。

吾が妻と容姿違えて芍薬を買い求めしは牡丹の誤り・・・怒られるかな?
2018年6月8日(金) 精神安定剤
 私が精神安定剤の服用を始めたのは2015年2月であり,2104年12月末に妻の余命宣告をされてからどうして良いのか判らず,精神的に狂いそうになってきました。そこで,2月の腎臓内科の診察日に内科医として処方できる精神安定剤を処方して貰い,その薬を服用して私の精神の崩壊を防止していました。
 やがて,妻が亡くなり時間が経つ共に”諦めの心境”が強くなったのか服用の頻度が激減してきました。

 しかし,今年の2月を過ぎたあたりから体調の悪化と歳をとった性があり,これからの不安が大きくなり虚無感無常観に苛まれるようになりました。この様な精神状態になると,何もする気が起らず生きていること自身に大きな矛盾感を感じて何もできなくなりました。
 昨日散歩の出かける際にも,精神安定剤の服用がないと出かけられる精神状態にはならず,今日も運動不足で太り気味だったので金曜日ですがプールに行く気にならしたのも精神安定剤の服用です。
 前回プールに行ったのは5月29日であり,入院の効果だったのか体重は61.8kg(入院前62.9kg)と減っていたのですが,今日の体重は62.3kgと太っていました。この太りが,ぜい肉ならいいのですが浮腫みが酷くなって太って来ているのであれば再入院となります。
 私は,入院中に食事指導を受けて私の食事はタンパク質とカロリー不足と指摘されたので,無理をして食べる量を増やし寝ている時間が増えたのでぜい肉が増えたのでしょう。

 今日(金曜)のアクアビクスのインストラクターは動きが激しく,息き継ぐ暇がありませんでした。また,膝を酷使?するので痛くなってきたから,帰路の整形外科医院で嫌いなヒアルロン酸を打ちました。何のために運動しているのでしょうか。
 でも,精神安定剤を服用しないと外出する気力が無くなるので,これ以上歳をとるとどうすれば良いのでしょう。一人暮らしの同年代の人は,悠然と生活されているように思うのですが。
2018年6月7日(木) 詐欺メール
 今日は恒例のアレチノハナガサに止まるセッカの撮影に淀川河川敷に出かけるつもりで24時過ぎに就寝しました。天気予報では曇りとなっており,風も弱い予想だったので絶好のセッカ撮影日よりだったのです。
 アレチノハナガサは薄い紫色の小さな花であり,晴れた日には花の色が飛ぶのと茎が細いので風邪が強いと揺れるので,撮影は天候に左右されます。

 9時過ぎに起床すると,天気予報を裏切って晴れており暑そうなので撮影を中止して,朝食後に今日も好きな眠りに入りました。リアルな現役時代の夢ばかり見ているので,眠りが浅いのですが就寝中は”これからの不安や寂しさ”を感じないので気持ちが良いのです。

 昼からパソコンのスイッチを入れてみると”楽天市場”から「マサニ電気株式会社 楽天市場店」からLED液晶テレビ注文の確認メールが届いていました。
 全く,身に覚えのない注文であり,老人を騙す詐欺メールです。もっとも,”楽天市場”など胡散臭いIT企業そのものを信用していませんが。
 私が不審に感じてメールの”問い合わせ”をクリックすると詐欺に引っかかるので無視です。
 マサニ電気とは,人を馬鹿にした正に詐欺電気の名称であり,手が込んでいるのはHPまで作成して,如何にもその会社が存在するかのように偽装しています。

 人を騙すなら,もう少し良心的?な社名を考えろ!詐欺師のレベルはこんなもんかいなど阿保が!
 もし,商品が届いたら当然受け取り拒絶をして,警察に連絡をしてこのような詐欺メールを配信する楽天市場にクレームを入れます。
 このHPの画面も信用できず,絶対にクリックしては駄目です。

 郵便受けに,不法に入れて行くチラシだけではなく,これらのメール日本人の恥さらしであり,人間を止めろ!
 それにしても,楽天市場の偽メールをはびこさせる”Rakuten”も大したIT企業じゃないですね。信用を落としたくなかったら,即刻対応をすべきですが。難しいことではあるまいし。

 寝てばかりなので,今日は無理をしてこれまで元気だったころ歩いた遊歩道のフルコースに挑戦しました。万歩計では9228歩となっており,5km以上歩いたことになりました。
 帰路は完全にへばりました。

寂しかる老人騙す詐欺師たち騙されないぞと吾を鼓舞する
2018年6月6日(水) 寝てばかり
 何も楽しいことが無く無性に寂しくて何もする気が起らず寝てばかりです。体調が良くないのが大きな要因で,このまま朽ちて?行くのか考えると生きて行く気力が湧かないのです。
 64歳で働くのを止め69歳まで趣味の野鳥撮影や花の撮影,プールに行ったりと一応老後の生活を謳歌していたのですが,69歳の時に3ケ月で妻に先立たれ生きる意欲がなくなりました。

 妻が亡くなってから,家族が居ない私は終活をせねばと何とか3年間頑張りましたが,もう残すところは自筆遺言状の作成と弟への遺産処理覚書書の作成だけになりました。これを済ませると,私は完全な生ける屍になりかねないので遅々として進まないのです。

 2日の日には実家に帰りと話をしましたが,昨日の昼過ぎまでは殆ど自宅に籠っており誰とも喋っていませんでした。昨日の14時過ぎの昼寝中に弟から電話が入ったのですが,じゃべり方を忘れてしまい呂律が回りません。弟との話が終わった後も,誰とも話がしたくなくなり完全なる”引きこもり老人”状態になりつつあります。

 一般的に,加齢による心身の変化で外出するのが怖くなったり,おっくうになったりして,自宅にこもる高齢者は少なくない。長期間,閉じこもりの状態が続くと認知症やうつ病(私かも)などを発症するリスクを高め,要介護にもつながりかねないと言われています。そして,やがては孤独死につながるのでしょうね。
 ああ,こんな生活は嫌なのですが,どうしたら良いのか判りません。現在は,多い時には1日12時間以上眠り,10時間眠らないと体調が悪いのです。眠ることだけが楽しみなのです。
2018年6月5日(火) 逢いたくて
 私には行動予定を決めています。守っているのが20時から台所の洗い物をすることです。妻は夕食で酔っ払うので,洗い物は翌朝に廻していたのでした。
 未だに忘れられないのが,突然に医師から「奥さんの余命は最大3~6ケ月です。」と告げられ,失意の元に帰宅して台所で洗い物をしたことです。”何も知らない家内が可哀想や”,”これからの生活を,どうしたら良いんや”,”一人でどないしたら良いか判れへん”と思い悩みながら,食器を洗っていました。

 妻が亡くなって3年が経っても台所は妻の買ってきたものが沢山置かれたままです。おにぎりシート,おにぎり餅焼きシート,アルミフォイル,タッパーなど私には無用なのですが未だに捨てることが出来ず,同じ場所に置いたままなのです。
 いつも,台所に立つとそれ等が眼に入り,妻のことが思い出されるのです。昨夜は,何故だか近年まれに”妻に無性に逢いたい”感情にかられ,思いっきり落ち込みました。これは,最近妻が褒めてくれた紫陽花の撮影を思い出して,撮影に出かけたからでしょうか。
 でも,あの時妻が「綺麗やなあ!」と褒めてくれた紫陽花の撮影が2度と出来ないのです。昔から,紫陽花の色は「七変化」と言われた様に,いろんな色に変化します。その色の変化している様子と,花に当たった光線,背景の色を考えた”会心の作品”を妻が褒めてくれたのでした。100mmマクロレンズを使用して背景を暈すためにF3.5で撮影しました。

 昨夜は,紫陽花の花と妻が息を引き取る間際に何を考えていたのか考えました。紫陽花の雨は,妻が息を引き取った瞬間に開いた目からこぼれた涙なのです。きっと自分の人生の振り返り,悔し涙を流したのでしょう。ああ,妻と逢って色々話をしたい!

に思ひ妻はこの世を去ったのか思ひ出させる紫陽花の雨
紫陽花はあわれその色移りいく変化(へんげ)の花に人生うつす

2018年6月4日(月) 合歓の花
 季節限定で私の好きな花に”合歓の花”があります。合歓の花の仄かなピンク色が,亡くなった妻と何故だか重なるのです。
 合歓の花の花ことばに”安らぎ”があり,合歓木は夜に葉と葉が閉じている様子が夫婦が仲良く寝ている姿に例えられ,夫婦円満家族の仲睦まじい様子の象徴として世界各地の詩や民謡で登場しているそうです。
 万葉集にも「昼は咲き 夜は恋ひ寝る 合歓の花 君のみ見めや 戯奴さへに見よ」と詠われています。
 合歓の花はひ弱く,綺麗に咲いている期間は短いのです。今日は8時前に一旦起床したのですが,朝食後に眠くて寝てしまい起床したのは9時半過ぎでした。この時期なら合歓の花は見ごろになっているだろうと10時半前に鶴見緑地に出かけました。今年は1本の合歓の木にしか花をつけておらず,咲き具合も少し早い気がしました。でも,花は開花するとと直ぐに枯れるので今日がベストかもしれません。

 合歓の花は鶴見緑地の自然体験観察園に植えられているのですが,その道中で紫陽花も咲いていたので今日も撮影です。

今日は野鳥撮影もできる100-400mmレンズを持参していたので,大池で小魚を捕るために飛びまわっている4羽のコアジサシの撮影しようと考えました。今日の大阪は天気が良く30℃越えの真夏日であるので,長袖のスポーツシャツに大きな帽子を被り,手袋をして日焼け対策をしました。
 今日のコアジサシは池にダイブして,小魚を捕まえる瞬間を撮影したかったのですが,池が大きすぎて何処に飛び込むか判らず,動きの速いコアジサシの飛翔をファインダー内に入れることが出来ず失敗ばかりでした。これまで,コアジサシの撮影は何度も行っているのですが年齢と共に運動神経も呆けて来てまともな撮影ができませんでした。

 3時間ほど撮影を楽しんだのですが,暑くて疲れて,眠たくなったので14時半に帰宅して昼寝をしました。
2018年6月3日(日) コメディ?
 昨夜は山田洋二監督の”家族はつらいよ2”の録画を観ました。ストーリー的には,山田洋二監督独特の家族愛を綴った”ほっこりする”物語だと思っていました。しかし,映画の終盤に入って私はコメディとは感じられなくなりました。
 今回のテーマは“無縁社会”でした。長男夫婦は自動車運転事故を危惧し,橋爪扮する父・周造の免許を返上させようと画策。ところが,兄妹夫婦と頑固な父親を説得する役をなすりつけ合っているうち,平田家に新たな騒動が襲いかかる。
 山田監督はストーリーについて「ある登場人物の悲しい『死』を目の当たりにすることで,自分たちの幸せに改めて気づき,家族が新たな絆を作っていく,そんなお話です」と明かしていました。続けて「喜劇映画では『死』を描くことはタブーだけれども,あえてそのタブーに挑み,その『死』がもたらす,滑稽でバカバカしい大騒ぎを丁寧に描いてみようと思います」と続編製作への意気込みを語っていた。

 しかし映画を観終わった私は,妻が亡くなった際の当時の様子を鮮明に思い出してしまいコメディではなく悲しい映画となってしまいました。””に対する感性が,幸せな家庭でなく妻に先立たれた一人暮らしの老人のが,どのように感じるまで考えられていなかったのでしょう。世の中には,幸せな家庭が圧倒的に多く,1日中誰とも話をしない老人の気持ちを理解できるのは数少ない人々なのです。

 私がグッときた物語の詳細は【周造(主人公)は居場所の判明した丸田(高校の同級)も誘い,久々に高校時代の同級生達と同窓会へと出かけていった。
 そして,深夜になって相次いで幸之助(長男)や史枝(長男の嫁)が帰宅してきたが,周造は居酒屋「かよ」で丸田,向井(同級生)と飲み直した後,丸田を自宅の2Fにつれてきて,さらに飲み交わしていた。
 妻,子供とも音信不通になり,今は独り孤独に老後をすごしていた丸田にとって,その日仲間たちと久々に飲み交わしたのが非常に嬉しく、かなり深酒となっていた。
 そして,翌朝周造が目を覚ますと,丸田は血を吐いて冷たくなっていた。
 丸田の親族には,随分前に絶縁したといい,引き取りを拒否されてしまった。丸田の娘は香港にいて連絡先もわからないという。こういう場合,自治体の福祉課で形式上葬式を行い,ひっそりと火葬されるのだという。

 一連の話を聞いた周造は,翌日の火葬場での立会に家族の皆も賛同して欲しい,といつになく低姿勢で頼むのだった。
 翌日,質素な火葬場で丸田との最後の見送りには,結局家族全員と向井が出席してくれた。
 周造は,丸田が生前大好きだった銀杏を山ほど棺桶に入れた。
 火葬が始まると、爆竹を鳴らしたような音が鳴ったので何事かと火葬場の職員が出てきたが,それは銀杏がはぜた音だった。


 私はこの場面を見ていて私は2015年4月2日の,妻の葬儀の様子を断片化する記憶の記録を思い出しました。その日の私の”気まぐれ日記”の一部には以下のように書かれていました。
 【葬儀は13時より32名の方に参列して頂き厳かに行われました。(前日,詩吟関係の方の列席は2~3名に絞って欲しいとお願いしていたのですが,実家の前の家に住まれている詩吟関係の方に家内の死が判ってしまい100名ほど参列すると言われました。それを,丁重にお断りしてこの人数です。家族葬専用の式場は狭いので。)
 会葬者への挨拶で立ち上がった時は疲労困憊でしたが,
精神力で悲しさにも耐えました。そして,とうとう大嫌いな”最後の別れ”の時がやってきました。
 先ず,喪主の私が副葬品を家内の棺の中に入れるのですが,何を入れたか記憶が飛んでいます。
 誰が,何を入れたのかも覚えていません。唯一記憶にあるのは,家内がいつもお酒を飲んでいた大きな湯飲み茶わん(ビールを入れて,ラッピングしていた。)を棺の右下に入れたことです。
 沢山の副葬品(私の写真も)や花に包まれた家内に,これだけ持たせれば天国でもこの世と同じぐらい遊べるでしょう。そう遠くない時期に,私も行きますので待っていてください。
 その時には,私の腎不全も治っているので好きなものを食して,一緒に飲みましょうと思いました。

 棺の蓋が閉られ家内は霊柩車で火葬場に向かいました。
 15時から荼毘に付されたのですが記憶が飛んでおり,悲しさを感じませんでした。そして,17時より骨上げが始まりました。
 最愛の家内
無残な姿に変わっていましたが,不思議と涙が出ません。私は直ぐに目で人工股関節を探しました。家内が先天性股関節脱臼で2010年にステンレス製の人工股関節を入れたのでした。それは焼けずに原形のまま残っており痛々しかった
 まず,喪主の私が家内の喉仏を骨壺に入れました。お骨は
一心寺にて永代供養して貰うので,骨壺は小さな1つだけです。
 また,本来なら禁止なのですが棺の中に入れた
湯飲み茶わんは割れていました。家内はビールを飲めたのでしょうか。

 骨壺を抱えて,私はマイクロバスに乗り初七日を行うために葬儀会場に戻りました。その道中,安堵からか私は眠ってしまいました。
 初七日の法要を終えて家内(お骨)を自宅に連れて帰りました。こんな姿の家内を連れて帰りたくなかったのですが,
天命には逆らえませんでした。自宅には弟,弟の長男とその子供,義弟が来てくれて”後祭り祭壇”を組み立ててくれました。
 弟は,本当に良く手伝ってくれました。私一人では,満足に式を挙げられなかったでしょう。
 弟たちが帰った後で,義弟が泊まってくれることになりコンビニへ夕食の買い出しです。
 家内の祭壇にお供えするためにサントリーのプレミアム・モルツ(缶ビールは絶対に飲まなかった)とシシャモを購入しました。やっぱり,家内にはお酒が・・・・


 ”家族はつらいね2”を見終えて,私はその映画をコメディと感じず高齢化社会の縮図と感じ,妻の棺の中に入れた湯飲み茶わんの割れとステンレス製の人工股関節が無残であったのを思い出してしまいました。銀杏とは思いが違い過ぎます。

 今日は体調の良くないせいもあって,精神的に落ち込みは大きく起床できません。昼食を食べる気力もなくなってしまい,本当に久しぶりに精神安定剤を服用しないと狂いそうになってきました。これが連日続くと,耐えられなくなります。
 無理をして,15:30から遊歩道の散歩に出かけましたが,この遊歩道は妻と時々一緒に歩いたと思い出すと,精神状態は益々沈んでしまいました。昨日観た映画が,私を悲しみの果てに引き込んでしまいました。
 因みに,今日の歩数は5716歩で歩行距離は3km少しでした。明日も明るい日は来ないでしょう。

2018年6月2日(土) 妻と母
 今日は昼から,私が体調が悪くなってしまったので1カ月以上ぶりの入っている特養に出かけました。お土産として母が間食として食べる小さな焼き菓子(10個程度と)と母の好きなクロワッサン類を5個購入して持参しました。
 特養の母の部屋に入ると,母は車椅子に座らせてもらっており元気そうでした。私の顔を見るなり「入院の結果はどうやったん。」と私を気遣ってくれていました。私が長期間母に逢いに行かないので,弟が「兄貴は検査入院している。」と母に教えていたのでした。
 私は「もうあかんわ。」と言うと,97歳となった母は「元気を出さな。」と私を慰めてくれます。

 妻が元気な頃は,母も実家で過ごしていたので私は毎週に手土産を持って,母の用事を聞きに出かけていました。それが,突然妻がすい臓がんで余命宣告され,私は3ケ月以上妻の介護のために母を訪ねなくなりました。その母も,妻が亡くなって1年足らずで自宅介護が不可能となり介護施設のお世話になりました。
 介護施設に入ってからは,少なくとも2週間に一度は施設を訪問していたのです。でも,私も体力がなくなってきました。

 母には,私が30歳前に結婚のために実家を出るまで家事全ての私の面倒を見てくれました。幼稚園,小学校,中学校の入学式には母が来てくれ,何度かは病院に運んでくれたり非常にお世話になり,無事に30歳前まで育ててくれたのでした。
 一方,妻とは結婚40年のルビー婚式を二人で行った後の2ケ月後に他界してしまいました。妻は家事が全く出来ない(しない)私を40年間面倒を見てくれ,その間に私は仕事に専任できました。時間的には,母より妻との一緒の時間が長く,特に妻にすい臓がんが見つかってからは,母のことよりも”妻が大事”になってしまいました。
 そして,その妻が亡くなってからは私の生活ががらりと変わり人生観も大きく変化しました。母には申し訳ないのですが,未だに妻の方の想い出がたくさん残っており大切だったと感じているのは私の自己中心的な性格のためでしょうね。

 世間の普通の老人は,妻と母とをどのように考えているのでしょうか。因みに,十数年前に父が亡くなった後にはこれほど大きな落ち込みはありませんでした。

 母と1時間ほど話をして,特養からの帰路で実家に寄りました。実家ではと30分以上話をして,弟の嫁には海老天,玉ねぎ,カボチャ,大葉の天ぷらを揚げてもらい帰宅しました。私の心の安らぎは,実家に居る時だけです。
2018年6月1日(金) 無駄時間
 今日も眠くてたまらず,一旦9時過ぎに起床しましたが朝食後に居眠りで起床できたのは12時過ぎでした。
 残された時間?にやっておかないことがあるのですが,してしまうと自分の人生が本当に終わるのではと気が進まないのです。

 朝食後は5月13日にて相続・遺言の相談会にて教えて貰った相続の方法に伝えるために,相談内容を文章にまとめました。一番くだらない内容は,妻の弟二人が無責任のために空家状態となっている妻の実家の相続権の1/9が私にあり,私が亡くなった場合に,その相続権が弟に引き継がれることです。
 直ぐに相続放棄が出来れば,喜んで処理しますが義弟と連絡が取れない状態では放棄方法が判りません。

 次に,私の遺品処理の覚書として,預金口座の番号,通帳やキャッシュカードのありか,パスワードを全口座分書きだします。ペイオフも考えられるのですが,3大メガバンクが倒産するときは日本が崩壊するときであり,預金の価値など無くなりますのでファンドなど満期時にはそれ等の銀行に預金を集約します。
 証券会社のインターネット銀行の預金は徐々にメガバンクに集約中で,証券会社との取引は止めます。
 妻が亡くなった時に,私に何も引き継ぎが出来なかったので,それと同じ苦労を弟にさせたくないのです。

 覚書には,沢山(スポ-ツジムやインタネット,携帯の解約など)伝言しておくことがあるので本日中にまとめることが出来ませんでした。特に,不動産の売却を行わないと,固定資産税やマンションの管理費を払い続けないといけないので,私が介護施設に移るときは,それらを処理できる能力を残して置きたいです。何しろ,頼れる家族が居ない私は全て自分で処理しなければならないのです。

 これらが終わると”自筆遺言書”の作成で私の人生の締めくくりは完了します。寂しいですが,仕方がありません。
 16時過ぎから,腰痛が酷いので整形外科医院に出かけましたが,益々患者が増えており待合室からはみ出しそうです。これから益々,高齢化が進み患者が増えるので末恐ろしいです。腰へのトリガー注射を行い,マッサージの待ち時間が30分もあったので,馬鹿臭くなり帰りました。
 私が思うに,待ち時間を苦痛としない暇な老人が多いのか,待つのが無駄時間であるという感覚が無くなった呆けた老人が多いのでしょう。多分,毎日通っていると思われる顔ぶれが多いです。
 私は,夕方から家事が忙しくなるので無駄時間が大嫌いなのです。現役時代からイラチでしたが,この歳になってもイラチは治りません。妻からは「あんたはイラチやなあ。」と言われていましたが,今はもう言ってくれません。